「シトロエンってどこの国のクルマ…?」そんな女性にこそ知ってもらいたい、シトロエンの「心地よさ」

Octane Japan


番外編:車両価格

車の価格についての要望が少なかったことには少なからず驚いた。価値に見合う価格であれば納得して購入を検討するということだろうか。「外車… 高そう…」というコメントへの回答として(そのイメージを覆すことを願って!)、車両価格もここに記しておこう。

●ベルランゴ (FEEL)
1.5L BlueHDi ディーゼルターボ EAT8 右ハンドル
メーカー希望小売価格(消費税込)3,120,000円

●C5 エアクロスSUV(SHINE)
1.6L PureTech ガソリンターボ EAT8 5ドア 右ハンドル
メーカー希望小売価格(消費税込)4,150,000円


すべての要望を満たさなくてもシトロエンが選択肢に加わればきっと楽しくなる!

寄せられたコメントにも「家族を思う気持ちが形や定員などのこだわりにつながる」とあったように、それぞれの家族が車に求める機能や装備は家族の数だけ無限にある。すべての人の希望をあまねく満たす最大公約数的な車は世の中に存在しないからこそ、自分そして家族にとっての「心地よさ」を叶える愛車に巡り合うことができたら何より幸せなことだと思う。そういった意味で、シトロエンのことを食わず嫌い、…いや、それ以前の、存在自体をよく知らない段階にある女性たちにも、選択肢のひとつとしてシトロエンが加わるようになると、車選びのバリエーションも増えて楽しくなるのではないかと個人的に思っている。

実はアンケートのコメントで私がいちばん共感したのは「自分の好きな車に乗りたい!私が好きな車がファミリーカー」というものだ。「この車でお出かけができる、お迎えに行ける、という喜び・楽しみは大事」というコメントにも大いに納得。シトロエンに限らず、世のママン(今回検証するきっかけを与えてくれたシトロエンに敬意を表して、ここはあえてフランス語で!)たちがそれぞれトキメキを感じられる車に巡り合えたら、きっと車と家族のライフスタイルは今以上に彩り豊かで幸せなものになるに違いない。

シトロエン公式サイト:www.citroen.jp

文・写真:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事