自動車パーツの加工技術からアイデアを得た ステンレス製の「デキャンタ」

半世紀以上、ひたむきに自動車パーツの製造をしている横山興業株式会社は、4年ほど前から新しい試みを開始した。自社の強みである加工技術を全く違う土俵で展開するというものである。一番最初に世に送り出されたのはカクテルを作る際などに使用されるシェイカー。本プロジェクトは「BIRDY.」と名付けられた。

Gourmet_170629_BIRDY (7).jpg

Gourmet_170629_BIRDY (2).jpg

そして、今日では「BIRDY.TABLE」という名のもと、ステンレスで作られた様々なテーブルウェアを提供している。

Gourmet_170629_BIRDY (6).jpgGourmet_170629_BIRDY (5).jpg

今回ご紹介する新作はステンレス製のデキャンタ。
デキャンタとは、ワインをデキャンタージュするための容器のこと。ワインを抜栓した後、デキャンタにワインを移し替えることで、長い間栓をされて閉じていたワインに空気を触れさせることができ、より短時間でワイン本来の風味を取り戻すことができるのだ。

また、長く熟成された上質なワインなどにみられるタンニン・ポリフェノール・酒石などの渋み成分が結晶化した「澱」を取り除くことも目的としており、除くとよりおいしくワインをいただくことができるのである。

ただ、BIRDY.のデキャンタの特徴はこれだけではない。自動車パーツ製造の技術からアイデアを得た独自の製法で、デキャンタの内側にミクロレベルの細かな山を作っており、その突起のあるデキャンタで数回スワリングを行うだけで、通常のデキャンタージュよりも早く酸素と触れ合うため時短になるのだ。更に、味わいも角が取れた柔らかい印象に変化し、ワインをよりおいしく演出してくれる。

Gourmet_170629_BIRDY (9).jpg

また、もう一つ嬉しいのが「ステンレス」という素材のチョイスである。通常、デキャンタというとガラス容器が主流だが、あえてステンレスを使用していることで、軽い上に冷却効果も備わっている。

Gourmet_170629_BIRDY (3).jpg

それぞれお好きな酸味や温度もあると思うが、ワイン以外の飲料でも手軽に使用することができるので、自宅にひとつあると重宝するだろう。
自分だけの使い方をぜひ探してみて欲しい。

デキャンタ ¥18,144円(税込)
サイズ:93×145mm
重さ:約260g
容量:約700ml
素材:18-8ステンレス


BIRDY.オンラインショップ
URL:http://www.birdy.shop/

RECOMMENDEDおすすめの記事