壮絶な旅!イギリスから南アフリカまでポルシェで自走した2人のストーリー

Porsche AG

イギリスからケープタウンまでクラシック・ポルシェを運転した勇敢な英国人がいた。

多くのエンスージアストは、夏の週末に大事なクラシックを走らせるだけでも十分な充実感を得ることができるだろう。しかし、ポルシェ944を5年間毎日運転するベン・クームスはそれでは満足できなかった。

イギリスでエンジニアとして働くクームスは、2002年にアルパインホワイトの944を購入した。これは、5速マニュアルトランスミッションを備えた標準の2.5リッター ラックスモデルで、走行距離計はすでに217,000kmを示していた。それは彼の唯一のクルマとして、毎日の通勤とヨーロッパ中およびもっと長い休暇のドライブでも使用していた。2007年までに32万km以上を刻んでおり、彼の仕事により適したものを購入することを決めた。「その車にはたくさんの思い出があったので、見知らぬ人に売りたくありませんでした。しかし、最後の思い出作りに大きな冒険に出ることにしたのです」



ベンの友人 ローラ・レディンと一緒に設定した目標は、944をイングランドから南アフリカの最南端にあるケープタウンまで21,000km以上の旅で走らせることだった。少しの費用をかけて、彼らが加えた唯一の変更は、サスペンションを50mm上げること、合板で作られた自家製のルーフテントを取り付けることだった。

「私たちが去る17日前にオイルポンプが故障し、元のエンジンが損傷しました。ドライブシャフトやショックアブソーバーなどのスペアを持って行くためにスクラップ944を購入したので、そこからエンジンを取り出し、サスペンションを上げたショップで取り付けてもらいました。完璧ではなかったのですが、ビザやフェリーなどの関係があったので、スタートを遅らせるわけにはいかずとりあえず出発しました。ドーバーまで本当に行くとは思っていませんでした」



しかし、カレラはフランスに到着し、ヨーロッパを横断することを決意する。ヨーロッパとトルコを1週間かけて運転したところ、シリアとの国境に到着。順調に走り続け、エジプトへのフェリーに乗る前にシリアとヨルダンを運転し続けることを決心した。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事