ポルシェがEVミニバンを作っていた?未来的なビジョン レンディエンストとは

Porsche AG

ポルシェはかつてEVミニバンを生み出していた。その名も"ビジョン レンディエンスト"。これはポルシェミニバンの革新的なコンセプトを探求するために2018年に作成された1:1スケールモデルにすぎないため、実際の車ではない。

"ビジョン レンディエンスト"を製作するにあたってポルシェの設計チームは、エキサイティングなプロポーションを備え、スペースシャトルに触発された外観のEVミニバンを構想した。彼らは、MPV形状とゼロエミッションパワートレインに適合した同社ポルシェの最新の設計を採用した。



インテリアルームを最大限に活用するために、モーター類などはすべてアンダーボディに取り付けられている。残念ながら、画像では分からないが、キャビンは最大6人を収容するのに十分な大きさである。前席はマクラーレンF1風のレイアウトでドライバーはセンター、隣に2人が乗ることができるようになっている。

ミニバンの大ファンでなくても、ビジョン レンディエンストは、おしゃれな雰囲気となだらかなルーフラインでクールに思えるだろう。フロントとリアの小さく細いライトは、小さなサイドカメラと短いオーバーハングも貢献して、未来的な雰囲気を与える。テールゲートに「Sports Tourer」の文字が書かれているルーフスポイラーも見られる。



ポルシェは、架空のレーシングカーのサポート車両としての使用を想定していたともいわれている。誕生した時点ではリスクがあったため、生産されることはなかった。しかし、 EVが実現されるようになり、実車化されるときも遠くないかもしれない。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事