本日限定!駆動可能なアート作品 現代アーティストによるポルシェ992が展示中

octane japan

ポルシェと現代アーティストとのコラボレーション作品「Crystal Eroded Porsche 911」(クリスタル エローデッド ポルシェ911)が渋谷PARCOのレセプションパーティに合わせ、1日限定で公開されている。

「Crystal Eroded Porsche 911」は、ポルシェのアイコンである911(最新の992型)を採用し、NYを拠点に活動をするアーティストであるダニエル・アーシャムの象徴的なモチーフを外観に取り入れることによって完成した駆動可能なアート作品。911の外観に白くマットな石膏素材をベースに、彫刻とクォーツを取り入れた加工が、フロント・サイド・リアの箇所に施されている。これは時間を重ね進化してきた強靭な車体内部を表現しているそうだ。



ダニエル・アーシャムコメントはこの作品について、「私はいつも、劣化して侵食されても走れるような機能的な車を作りたいと思っていました。この作品は、まったくの新車を用いたという点でユニークなプロジェクトでした。過去にも車のプロジェクトで採用していた象徴的な彫刻とクォーツのアイデアを取り入れましたが、私が手掛けた中では初めての実走行可能な作品です」とコメントしている。




「Crystal Eroded Porsche 911」作品展示について
開催日時:2020年11月19日(木) 11:00-21:00
展示場所:渋谷パルコ 1F スペイン坂広場付近
*雨天の場合、展示は中止となります

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事