「究極のドライビングシミュレーター」をボルボ・カーズが開発

volvo

ボルボは「究極のドライビングシミュレーター」を安全な車を目指すために開発した。

微調整可能な運転席、触覚フィードバックのあるステアリングホイール、透き通ったバーチャルリアリティヘッドセットを備えたセットアップは、どんな本格的なゲーマーも嫉妬するほど。ボルボ・カーズのシミュレーターは、このコンセプトを次のレベルに引き上げ、現実とシミュレーションの境界をシームレスにしており、そこがまさにポイントなのだ。

最先端のリアルタイム 3D 開発プラットフォームである Unity(ユーニティ)とフィンランドのバーチャルおよびミックスリアリティの専門家である Varjo(バリヨ)の最先端技術を使用したこのシミュレーターでは、実際の道路で実際の車を運転する。実物に酷似した高精細3D グラフィックス、拡張現実感を生み出すヘッドセット、仮想世界からの触覚フィードバックを提供する全身スーツ型デバイス「テスラスーツ」を組み合わせ、身体の反応をモニタリングする。



このソフトウェアとハードウェアの組み合わせにより、ボルボ・カーズのエンジニアは、実車を使用しながら、実際のテストコースの道路上でさまざまな交通シナリオを際限なくシミュレートすることができ、すべてを安全な状況のもとで行うことができる。エンジニアは、新しい安全性、運転支援、自動運転機能の開発のために、人と車の相互作用に関する重要な洞察を得ることができる。

テストドライバーは、想像されるアクティブ・セーフティ、運転支援機能、今後の自動運転ユーザーインターフェース、将来のカーモデル、その他多くのシナリオに触れることができる。実際のテストコースの道路やテストラボで使用することができ、すべてのシナリオは完全にカスタマイズ可能。可能性は文字通り無限大だ。

ボルボのオープン・イノベーション・アリーナのユーザーエクスペリエンス担当シニアリーダーであるキャスパー・ウィックマンによると、これによりボルボ・カーズは、安全な環境で本物の人間の反応を研究することができ、実際のテストにかかる費用を何分の一かに抑えることができる。



「Varjo、Unity、Teslasuit のような素晴らしい企業と協力することで、物理的に何も作らなくても、見た目も感触も完全に本物のような多くのシナリオを、テストすることができるようになります。これにより、実際の車を、見た目も感触もリアルでありながら、ボタンを押すだけで調整できるような交通状況下でテストすることができます」と、キャスパー・ウィックマンは述べている。

衝突回避技術のような自動車の安全システムを開発する場合、テストは非常に重要だ。しかし、実際にシステムをテストするには危険が伴い、時間と費用がかかる。しかし、バーチャルシミュレーションや複合現実シミュレーションを使えば、物理的なプロトタイプを作ったり、複雑なシナリオを設定したりすることなく、実際の環境で完全に安全なテストを行うことができる。

「この最先端の技術を使用することで、私たちは将来の安全な車づくりを模索し、開発をリードしています。その一翼を担えることは素晴らしいことです」と、キャスパー・ウィックマンは話した。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事