サントロペの爽やかな空と澄み切った海をイメージしたカングーが登場

ルノー・ジャポンより、南仏のリゾートとして有名なサントロペの爽やかな空と澄み切った海をイメージした、ブルーのボディカラーの限定車 ルノー カングー ペイザージュが200台限定で登場。

このボディカラーは2019年に限定販売し好評だったため、風景をテーマにした限定車、ペイザージュとして復刻した。ルノー カングーは、広い室内空間と高い機能性から、欧州では LUDOSPACE(ルドスパス:遊びの空間)と呼ばれて親しまれてきました。随所に散りばめられた遊び心のあるデザインや、機能的で使い勝手に優れたユーティリティー、広くて高い開放的な室内空間、大容量のラゲッジスペースなど、ルノー カングーにはたくさんの工夫が凝らされている。



南仏でもひときわ美しく、ヴァカンスで人気の街サントロペ 。その爽やかな青空と、青く澄み切った海は、数々の芸術家を魅了し、サントロペの名を世界に広めた。今回のルノー カングー ペイザージュは、そんなサントロペの美しい景色をイメージした。



ルノー カングー ペイザージュには、専用ボディカラーのブルー ドラジェに加え、ボディ同色フロントグリルブレード、ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーが装備される。

ルノー カングー ペイザージュ ¥2,647,000

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事