巨大なアドベントカレンダーがシャングリ・ラ ホテル 東京に登場

シャングリ・ラ ホテル 東京とモルトンブラウンジャパンは、シャングリ・ラ ホテル 東京の1階エントランスに高さ3.6m×幅3.5mの巨大なアドベントカレンダーを展示している。

このアドベントカレンダーでは、12月1日(火)より毎日ホテルスタッフがサプライズギフトをその日の日付の場所に展示し、クリスマスまでのカウントダウンを行っていく。毎日異なるサプライズギフトは、ホテルオリジナルグッズやモルトンブラウンの人気商品サンプルなどをご用意し、先着30名様のお客様にプレゼント。プレゼント配布の開始時間はその日のお楽しみのため、配布開始のタイミングに居合わせた幸運なゲストがプレゼントを手にすることができる。

「シャングリ・ラ ホテル 東京では、心からゲストをおもてなしし、期待を超えた思い出に残る滞在をしていただけるようサービスを提供しています。生まれ育ったスイスで、アドベントカレンダーはとても親しまれており、我が家の母が作ったアドベントカレンダーにはキャンディーなどが飾られ、兄弟とともにワクワクしていました。パートナーのモルトンブラウン社と制作したアドベントカレンダーは大人にも喜んでいただけるよう考案しました。特にコロナ禍の昨今、小さな喜びを分かち合えることで、人々を明るい気持ちにすることでしょう」とシャングリ・ラ ホテル 東京 総支配人 マティアス・スッターはコメント。

シャングリ・ラ ホテル 東京は、スイートルームを含む一部客室タイプのシャンプーなどのアメニティとしてモルトンブラウンの製品を2020年4月に導入し、モルトンブラウンが2010年以降中止していたホテルアメニティ事業再開における最初のパートナーホテルである。このパートナーシップを記念し、ホテルを訪れるゲストみなが楽しい思い出を作れるよう、両社にとって日本国内における初となる試みとしてクリスマスシーズンを盛り上げる大きなアドベントカレンダーを製作した。

「クリスマスまでのカウントダウンの毎日を楽しく過ごしてもらえたら大変嬉しく思います。モルトンブラウンの今年のクリスマスコレクションのテーマは、1920年代の英国の上流社会のクリスマスカクテルパーティー。アドベントカレンダーのデザインには、1920年代ロンドンのギャラクシーボールからインスパイアされている陽気でグラマラスな雰囲気とルールにとらわれない遊び心が表現されています」とモルトンブラウンジャパン株式会社 取締役社長 大倉 誠一は話した。

今年のホリデーシーズンは、毎日小さなサプライズが訪れる大きなアドベントカレンダーとともに、クリスマスまでのカウントダウンをお楽しみいただきたい。


<<アドベントカレンダー 概要>>
展示期間  :11月19日(木)~12月25日(金)
展示場所  :シャングリ・ラ ホテル 東京 1階エントランス
       東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
内容    :・12月1日(火)より毎日その日のカレンダーに
        サプライズギフトを展示し、クリスマスまでのカウントダウン
       ・12月1日(火)より毎日先着30名様へ日替わりの
        サプライズギフトを配布
        ※配布の開始時間は日により異なる

お問い合わせ:シャングリ・ラ ホテル 東京 03-6739-7888(代表)

RECOMMENDEDおすすめの記事