進化したラグジュアリー 新型メルセデス・ベンツ マイバッハSクラスが公開

mercedes-benz

新型のメルセデス・マイバッハSクラスが公開された。全長が約18センチ延長され、ホイールベースは3396mmとなっていることで、リアシートのレッグスペースがさらに広く快適になり生まれ変わった。

大きな特徴としては、アクティブ・ノイズ・コンペンセーションと呼ばれるノイズキャンセリングシステムが導入されており、これまで以上に静かな空間を提供するということ。リアドアにはじめて電動開閉機構を搭載し、より快適な走りをもたらすマイバッハモードというドライブモードも備えている。

エクステリアはオプションとなるが、手作業で塗るのに最大1週間かかるという上品なツートンカラーのペイントで仕上げられている。新型メルセデス・マイバッハSクラスのグレードはS580 4Matic(4リッター V8ツインターボ/496HP+48V マイルドハイブリッド/21ho)、S650(6リッター V12ツインターボ/621hp)の2種類が現在は用意されている。トランスミッションは9段ATを採用。



インテリアにおいては、最新のMBUXソフトウェアを搭載した12.8インチOLEDセントラルディスプレイと3Dグラフィックスを搭載した12.3インチドライバーディスプレイを含む5つのディスプレイ画面が標準装備されている。 「エクスクルーシブ」モードでは、インストルメントサラウンドはローズゴールドで表示される。この色は、253個のLEDライトを備えたアクティブアンビエント照明システムで選ぶことができる2つの新しいカラーテーマのひとつである。明るさ、サイズ、位置を調整できるアダプティブリアライトも追加された。



また、エグゼクティブリアシートプラスパッケージには、電動リアセンターコンソール、2つの折りたたみ式テーブル、2つの温度制御されたカップホルダー、12Vソケット付きの照明付き収納コンパートメント、ヘッドラックの下にマイバッハのロゴが付いた木製トリム、2つのUSBポートと2つのHDMIポートが備えられる。マイバッハらしく、リアシートに乗る人は仕事に没頭できる空間となるのだ。



「新しいメルセデス・マイバッハSクラスでは、メルセデス・マイバッハの100周年の直前に、進歩的でモダンなアプローチを強調しています」と、メルセデス・マイバッハ製品管理責任者のダーク・フェッツァーは述べている。

「今日の顧客は、すべて最新のテクノロジーに基づいた、独占性と個性、エレガントなデザイン、一流の仕上げに大きな期待を寄せています。特に快適性、安全性、デザインに関して、新しいメルセデス・メイバッハ Sクラスは、激しく争われているラグジュアリーセグメントで独自の機能を備えています」

2021年のメルセデス・メイバッハSクラスの販売は、2021年半ばにアメリカで開始される。価格は未公表となっている。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事