ポテンシャルを最大限に発揮!サーキット走行専用のフェラーリ「Modificata」 の意味とは

Ferrari

フェラーリは、新型 488 GT Modificataを発表した。この車は、488 GT3および 488 GTE向けに開発したスキルとテクノロジーが投入された限定モデルであり、技術的な制約やレースのレギュレーションをクリアしているため、持ち前のポテンシャルを最大限に発揮できる。488 GT Modificataは、フェラーリ・クラブ・コンペティツィオーニ GTなどのイベント向けに開発したサーキット走行専用のモデルである。

そのモデル名に含まれる「Modificata」はフェラーリの専門用語であり、性能を進化させるべく設計されたことを意味する。488 GT Modificataは、488 GT3および 488 GTEがもともと備え持っていた卓越したレベルの性能を最大限に引き上げている。その引き金となったのは、488 GT3および 488 GTEに採用されている最も効果的かつ革新的なソリューションを組み合わせたこと、およびパワートレイン関連を中心とした新技術がFIAのバランス・オブ・パフォーマンス(BOP)によって制限されなくなったことである。



伝説のツインターボ V8は高度な研究を行った結果、特定のコンポーネントが特殊設計された。さらに、レース用エンジンに採用している素材も共有されている。きわめて革新的なコンポーネントや高い性能を引き出すマッピングを採用したことにより、このエンジンは最高出力の値が約700cvとなっている。しかも、すでに広く知られるフェラーリの信頼性は損なわれていない。エンジンの出力とトルクが増大したことから、ギアレシオの異なるギアボックスとカーボンファイバー製のクラッチが採用された。



488 GT Modificataは、世界耐久選手権に参戦する488 GTE、そしてGT レースのクイーンである488 GT3の完全なる融合体である。これらは、跳ね馬史上最も大きな成功を収めたモデルのひとつだ。例えば、488 GT3の場合、350回以上の勝利、630回以上の表彰台獲得、FIA世界耐久選手権におけるドライバーズ/チーム/マニュファクチャラーのタイトル獲得といった結果を残し、488 GTE もル・マン 24 時間およびプチ・ル・マンで優勝している。ニュルブルクリンクの北コースで集中的な開発作業を進めた結果、488 GT Modificataは、大きなダウンフォースを発生するエアロダイナミクス性能を獲得することができた。

圧力の中心が前方にシフトすることにより、全体の空気抵抗を大きくすることなく、フロントでより大きなダウンフォースを発生させるようにした。これによって効率が高まり、リヤウイングの角度変化に対する反応がより敏感になっています。アルミニウム製のルーフおよびアップライトを除き、ボディは 488 GTE と同様、全体的にカーボンが用いられています。これは、速度が230km/hの時点で1000kgを超えるダウンフォースを発生させることに貢献している。


オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事