まさに「大スター」!史上最も美しい車に数えられるランチアの物語

Max serra

このランチア・アウレリアB24トランスフォルマビレは、1962年のイタリア映画『Il Sorpasso』で重要な役どころを演じた。今や大スターの輝きを放っている。

は1962年8月半ば、場所はローマ。晩夏の熱暑の中を、イタリアの俳優、ヴィットリオ・ガスマン演じるブルーノが、くたびれたランチア・アウレリアB24トランスフォルマビレで通りを逆走し、タバコ屋へ向かう。映画は始まって1分もしないうちに、イタリア人のトレードマークである人生を情熱的に楽しむ姿勢と、規則に縛られないおおらかさを描き出す。好景気に沸いていたこの国では、こうしたライフスタイルが広まりを見せていた。家のローンを払ってもまだ少し余裕が残り、突如として憧れの品を所有できるようになったのだ。それはほんの数年前にはとうてい不可能な夢だった。



イタリア人だけに、好んで選んだもののひとつが車だった。映画『Il Sorpasso』(訳注:英題の『The Easy Life』より、邦題の『追い越し野郎』のほうが原題の意味に近い)で主人公のブルーノが示すように、中古だが速く、大音量のクラクションを備えるコンバーチブルは、人生を謳歌するのにうってつけだった。現在『Il Sorpasso』は、この時代を代表する重要なイタリアのコメディーと位置づけられている。監督はディーノ・リージで、主演のガスマンは無二の才能を証明した。また、若きジャン-ルイ・トランティニャン(ブルーノの友人ロベルト役)とカトリーヌ・スパーク(ブルーノのわがままな娘リリ役)にとっては、キャリア初期の大きなステップとなった。

この作品は別の主役にも不朽の名声を与えた。それがランチア・アウレリアB24トランスフォルマビレ(イタリア語でコンバーチブルの意)だ。映画に登場して以来、"ラ・ドルチェ・ヴィータ"(甘い生活)とイタリア人の豪放なドライビングの両方を象徴する究極のアイコンとなった。アウレリア最初のオープントップは、B20クーペから派生したB24スパイダーである。1955年から製造され、史上最も美しい車に数えられている。デザインはピニン・ファリーナで、ラップアラウンド形状のウィンドスクリーンが特徴だ。ドアハンドルとサイドウィンドウはないため、雨が降ったら素朴な幌とサイドスクリーンが頼りだった。製造は240台のみ。

次いで、訴求力を高めようと1956年4月に市場に投入されたのが、ティーポ・アメリカ・トランスフォルマビレだ。美しさはそのままに、小さなモディファイが加えられた。テールフィンのシルエットが変わり、ウィンドスクリーンはゆとりのある一般的な形状になった。ドアも長くなり、巻き上げ式の窓とフロントクォーターウィンドウが付いた。

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下 恵 Transcreation:Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 

RECOMMENDEDおすすめの記事