最高峰のベンテイガシリーズ│最もパワフルな「スピード」の全貌を見る

Bentley motors

本年8月にグローバルで発表されたベントレー・ベンテイガシリーズの最高峰に君臨するベンテイガスピードは、最もパワフルで、最もパフォーマンスを重視したベンテイガである。エフォートレスなパフォーマンスと妥協無きラグジュアリーを実現している。クルー本社でハンドビルドされるベンテイガスピードにはW12エンジンが搭載され、マリナードライビングスペシフィケーションをはじめ、ベンテイガが誇る豪華装備の多くが標準装備される。

「スピード」というネーミングが初めて登場したのは2007年のコンチネンタルGTだった。ベンテイガスピードには、歴代「スピード」モデルの伝統と先代ベンテイガスピードの圧倒的性能が受け継がれている。2018年、過酷なレースとして知られるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦した先代モデルは、量産SUVの新記録を樹立し、その性能の高さを証明した。

新型ベンテイガのデザイン一新に伴い、新型ベンテイガスピードにも同様のデザインが採用され、全ラインアップにおけるベントレーのデザインDNAの統一が図られている。また、新型ベンテイガスピードは最新の車載テクノロジーを搭載し、キャビンの快適性も向上するなど、外見だけでなく中身も大幅な進化を遂げている。


パワーとパフォーマンスと敏捷性
新型ベンテイガスピードでは、ベンテイガの傑出した実力が新次元へと進化し、6.0リッター W12ツインターボチャージャーが最高出力635PSを発揮。最大トルクは900Nm、1500rpmから5000rpmにかけて発生するこの分厚いトルクが、どんなときでもエフォートレスな加速を可能にする。W12エンジンは熟練の職人により手組みされますが、このエンジンの製作だけで、1台のベンテイガスピードの完成に必要な総作業時間の約10分の1が費やされる。



圧倒的なパフォーマンスと快適性とハンドリングを持ち合わせたこの車は、最高速度が306km/hにアップし、0-100km/h加速は3.9秒を実現している。このようにパワフルなエンジンでは効率性も重要です。複雑なレイアウトのW12で気筒休止を効果的に行うため、エンジンコントロールユニットが状況に応じて片側バンクの6気筒すべてを停止させる。吸排気センサーからのデータに基づいてA/Bバンクを切り替えることにより、シリンダーと触媒コンバーターの温度低下を最小限に抑え、排出ガスの一時的な増加を回避する。これがCO2排出量の低減だけでなく、アクセル半開での巡航時における大幅な燃費向上にもつながる。

5速から8速の間で走行中、例えば高速道を一定速度で走行中などのときにドライバーがアクセルペダルを戻すと、トルクコンバーターが開放されてエンジンがアイドリング状態となり、惰性で走行できる。アクセルペダルを再び踏み込むか、下り坂で速度が上昇した場合は、トランスミッションが再び接続される。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事