「グランツーリスモ」向けの最新マシンをジャガーが公開「Vision Gran Turismo SV」

Jaguar

ジャガーは、PlayStation4用ソフトウェア「グランツーリスモ」向けに開発した最新のフル電気自動車(EV)のバーチャル・レーシングカー「Vision Gran Turismo SV」を発表した。このモデルは、実際にフルスケールでのデザインスタディを経てつくられたもので、最高速度255mphを発揮し、完璧に磨き上げられたエアロダイナミック・デザインとレースで培ってきたパワートレイン・テクノロジーが組み込まれている。

ジャガーは2019年10月に、世界的に有名なゲーム「グランツーリスモ」シリーズ用のバーチャル・レーシングカーとして、初のフルEVスポーツカー「Vision Gran Turismo Coupé」を開発、発表しており、ジャガーの伝統を受け継ぐ究極のデザイン、ドライバーを重視したインテリア、そして卓越した乗り心地とハンドリングでゲーム愛好家たちを魅了し、高い評価を得ている。

ジャガーのデザイン・チーム、SVメンバー、ジャガー・レーシングから成る開発チームにとって、「Vision GT Coupé」は「Vision Gran Turismo SV」の出発点にしかすぎなかった。パフォーマンスを向上させるためにすべてを再評価し、ジャガーの耐久電動レーシングカーの可能性について検証した。

このプロセスの基盤となったのは、オンラインビデオやフォーラムで交わされるゲームプレイヤーからのフィードバックを詳細に分析することであった。また、「仮想世界テスト」と何時間にもおよぶ「実走テスト」を組み合わせることで、デザインおよび開発チームは「Vision Gran Turismo SV」をいかに最適化するかを正確に判断し、完璧なゲーム用の電動耐久レーシングカーを製作した。



ジャガーのデザイン・ディレクターであるジュリアン・トムソンは次のように述べている。「レーストラック、公道で走行させるために開発した『D-TYPE』、『XKSS』、『I-PACE』、『I-TYPE』は、いずれも、常に同じDNAを共有しています。『Vision GT Coupé』を担当したデザイン・チームは、『グランツーリスモ』のために究極のゲーム用電動耐久レーシングカーをつくりたいという依頼を受け、SVメンバーとジャガー・レーシングのエンジニアたちは一丸となって、本当に特別なものを作り出すことに成功しました。『Vision Gran Turismo SV』は、非常にドラマティックで魅力的な車で、現実世界の自動車デザインの限界を完全に取り払ったときに何が可能になるのかを示しています。実物大モデルによるデザインスタディを行い、私たちは過去からインスピレーションを受けながらも未来を見据えた究極の電動レーシングカーです」

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事