オリジナルにフルレストア済!キャロル・シェルビーが所有していた一台がオークションに登場!

Mecum auction

シェルビー・コブラの中でも最も有名な1台であるシャシーNo.CSX3178がオークションに出品される。

なぜCSX3178が有名なのかといえば、シェルビー・アメリカン設立者 キャロル・シェルビーが個人的に所有していたものであるため。1965年 427はドキュメントもしっかり残されており、歴史としての価値が非常に高い。1966年1月7日、オーダーシステムにCSX3178が現れ、その年の3月3日にダラスのシェルビーの家に向けてファクトリーを去った。オークションハウスによると、CSX3178は427ciのV8エンジン、4速マニュアルトランスミッションを搭載し、チャコールグレーで仕上げられた5台のうちの1台であるとのこと。しかし、シェルビーは見た目の珍しさよりもパフォーマンスに関心があった。



有名なコブラのスペシャリストであるマイク・マクルースキーは、CSX3178のボディをガードマンブルーとゴールドのノーズに塗り直し、シェルビーのリクエストに応じてカスタムデザインのロールバーを追加した。その後、オリジナルエンジンが取り外され、より強力なV8に置き換えられ、マニュアルトランスミッションがオートマチックに交換された。



シェルビーは、2012年に亡くなるまで、車を個人のコレクションとして保管していた。ネバダ州ラスベガスにある彼の会社の本社でよくこの一台は展示されていた。 2016年にRMサザビーズがオークションにかけ、それを購入した人物はシェルビーの家の前に現れた日のように戻すために長いプロセスを経てレストアを行った。再びチャコールグレーに戻され、オリジナルのドライブトレインが取り付けられている。



現在、推定落札価格は発表されていないが、2016年の落札価格は137万5000ドル(手数料を含む)となっている。それ以来、コブラの人気は高まっていること、オリジナルに戻されていることも踏まえると200万ドルを超えても不思議ではない。オークション開催は1月7日~16日。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事