BMWがクリスマスを祝う方法は?「Hey BMW, Merry Christmas」

BMW

各自動車ブランドは、それぞれの見せ方でクリスマスを祝っている。クリスマス仕様にペイントされた車などが多くみられる中で、BMWは最新の製品で展開されている最新のiDrive 7.0オペレーティングシステムを利用して、クリスマスのスピリットを取り入れている。

BMW X5や2021年 3シリーズなどで12月24日より利用可能となる特別仕様のBMWインテリジェントパーソナルアシスタントは、「Hey BMW, Merry Christmas」という陽気なメッセージを表示する。それから、ディスプレイをタッチすると、ホリデーシーズンを祝うビデオメッセージが再生される。クリスマスメッセージは、12月24日から31日までの7日間利用可能になる。また新年になれば、「Hey BMW, Happy New Year」という言葉も表示されるそうだ。



これはすべて、ステータスが01/2020以降のソフトウェアに対するBMWのオペレーティングシステム7.0の無線アップデートのおかげで、世界41カ国で利用可能になる。クリスマスラッピングされた車も良いが、こうして最新の技術を利用したものは現代らしさを感じられる。

なお、このBMWのインテリジェントパーソナルアシスタントの最たる特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能という点である。例えば、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを起動する際、「OK, BMW」だけでなく、「(例)1シリーズ」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレスなく使用することができる。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事