忘れることはないポルシェとの出会い 「Corporate Fashion Industries」

Porsche AG

Guus Reinerinkは、忙しく過ごす起業家である。 Reinerinkは51歳、4人の父親で、現在家族と共に暮らしているオランダで生まれ育った。背が高く、スエードの靴に至るまで好きな色(青)を身に着けた彼は、「Corporate Fashion Industries」を経営する。



彼のショップには車の本やモデルカー、ポスターが並んでいる。「それは私の父です」と彼は壁にある肖像画を指していった。彼の母親は主婦で、父親は繊維工場に勤めていた。そして時は過ぎ、現在彼は4人の子供がいることを素晴らしい出来事だと話す。

22歳の時、彼は衣料品会社「StateofArt」のセールスマネージャーのポジションに応募した。「駐車場には、入り口のすぐそばにポルシェ944ターボがいつもありました」と彼は回想する。そのポルシェは、後に義父となる上司のアルバート・ウェスターマンが所有していたものだった。面接の数ヶ月後、ライネリンクはツフェンハウゼンのファクトリーコレクションに同行する機会があった。それから数週間後、彼が23歳のとき彼は964C2クーペのハンドルを握っていた。

「ポルシェを運転したのはそれが初めてでした。忘​​れることはありません」さらに、彼が決して忘れないことがもうひとつあった。ウェスターマンの娘Saskiaに会うことだ。「私たちが出会うとすぐに火花が飛びました。彼女への愛を彼女の父親に告白するのに数ヶ月かかりました」

Reinerinkは「StateofArt」で約17年間働いた後、「小規模なところのトップになりたい」と思い、現在の会社をSaskiaとともにオフィスマネージャーとして設立した。「これは私たちがこれまでに行った中で最高の決断でした。私たちはカップルとして、そしてビジネスパートナーとして、非常にうまく協力しています」



ショップには、さまざまなポルシェコレクションが見られる。右奥には非常に珍しいモデルである911Tがあるが、それは1974年にオランダ警察によって運転された2.4リッターエンジンを搭載しているものだそう。サイレントランプはまだ機能しているようだ。


彼のお気に入りのドライブルートは、リヒテンフォールデの小さな町の周りの長い並木道。住民13,000人の町は、西ヨーロッパ最大のモトクロスイベントである毎年恒例のズワルテクロスフェスティバルの開催地として、モトクロスファンに知られている。

Reinerinkは、タイカン・ターボの隣で1975年 930 Turboを停止した。「このポルシェが45年前に建てられたのは素晴らしいことだと思います。私にとっては、今でもモダンでパワフルで魅力的です」「家に4人の子供がいるので、このような外出は私にとって絶対的な贅沢です」

「電気自動車に乗るのは初めてです。北から南アフリカへのロードトリップは、くつろぐのに最適ですね」と彼は言いアクセルを踏み込んだ。その感想はといえば「加速は言葉では言い表せない」と表現した。タイカンがファミリーカーとなるのは遠くなさそうだ。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事