自然な劣化こそが美しい「パティーナ」のムーブメントをVWに見る一冊

マニアックで幅広い、車・バイクの書籍を扱う代官山蔦屋書店 クルマ・バイクコーナーの新入荷書籍をご紹介。


Patina Volkswagens 
"新車のように輝くボディを維持しその美しさに満足感を得る…"そんな一般的カーライフと対極にある"時を過ごした分の自然な劣化の風合こそが最良"という、パティーナ(ラテン語で経年変化のこと)と呼ばれるムーブメントとそのカスタマイズ手法を紹介する、VW車両を対象とした実例解説集。



車両の歴史と存在感から、パティーナスタイルがマッチするVW社のビートルとトランスポーター、カルマンギアについて、塗装の光沢を失ったレベルから錆びだけを磨き落とした物、錆びるが儘のハードコアと呼ばれるそれぞれのコンディション選択と、無垢仕上げかコーティング剤を使用するか、コーティングなら種類はラッカーか煮亜麻仁油か、またはワックスを使用するのかなど、只放置OKでない難解で広いカスタム世界を解説する。

著者は経年変化自体を生き物のことわりと捉え、「彼らは自身の性格を持っており、ずっと前から生きていたのだ」と記している。日本ではまだ認知度低いこのカーカスタムに注目していただきたい。


価格:5,159円
商品購入ページはこちら

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事