ベントレーのラグジュアリーSUVにハイブリッドモデルが追加

Bentley motors

ベントレーより、持続可能な未来に向けた次なるステップとして、新型ベンテイガハイブリッドが発表された。ラグジュアリーSUVセグメントの首位を独走するベンテイガシリーズは、新型ベンテイガV8と新型ベンテイガスピードが最近発売されており、新型ベンテイガハイブリッドが3番目のモデルとなる。

新型ベンテイガハイブリッドは電動化モデル最高峰のラグジュアリーを提供し、音もなく滑るように走るが、グランドツアラーとしての実力も兼ね備え、都会を離れてロングドライブも楽しめる。エンジンを使わず、電力だけで最大31マイル(NEDC)走行できるため、街中を移動するには必要十分だ。モーターとエンジンを組み合わせた総航続距離は536マイルになる(NEDC)。

最新の車載テクノロジーの搭載やキャビンの快適性向上など、外見だけでなく中身も先代モデルから大幅な進化を遂げている。エクステリアにさりげなくあしらわれたバッジが、ベンテイガの新デザインを引き立てている。ラインアップ全体で統一されたデザインによって、他のラグジュアリーカーメーカーにはない、ベントレーファミリー独特のフレッシュさとモダンさを強く印象づける。



ベントレーモーターズのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOはこうコメント。「私どもが目指すのは、持続可能なラグジュアリーカーメーカーとして世界をリードすることであり、その次なるステップがベンテイガハイブリッドなのです。ベントレーは100年の歴史を誇るラグジュアリーカーメーカーから、持続可能かつ倫理に根差したロールモデルへと姿を変え、皆様に新たなラグジュアリーをお届けするため、先日発表した『ビヨンド100』戦略の第一弾としてベンテイガハイブリッドを発表致しました」

第1世代のベンテイガハイブリッドのユーザーを対象にベントレーが実施した調査によると、9割超のユーザーがほぼ毎日または週に数日運転していること、ほぼすべてのユーザーがEVモードを使用していること、EVモードを使用しているユーザーの約半数は普段の走行距離が30マイル未満であることが判明している。

前回のリテーラー向け研修会で実施された試乗会では、走行距離がトータルで500マイルを超えたが、内78パーセントをゼロエミッション走行でカバーできた。都市部に絞って見てみると、ベントレーの開発に携わるドライバーの一人はサンフランシスコ周辺を672マイル走行し、内67パーセントでゼロエミッション走行を達成している。また、イギリス国内では、ベンテイガハイブリッドのプロジェクトマネージャーであるクリス・コール氏が、本社工場までの日々の通勤の内、64パーセントがゼロエミッション走行であったという結果を出している。

つまり、日常ユースの大半を電気だけのゼロエミッション走行でまかなうことが可能であり、環境に優しいというだけでなく、ベントレーは持続可能な未来にふさわしい車であるという新たな評価の確立にもつながる。


オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事