増加率は?ベントレー モーターズが2020年度の売上台数を発表

Bentley motors

ベントレー モーターズは2020年に1万1,206台の総売上を果たした。これは、2019年に比べて2%の増加を見せている。

ベントレーの生産は、3月から7週間停止され、その後さらに9週間、50%の生産量で稼働した。これは、ソーシャルディスタンスの対策が導入されたためである。南北アメリカはベントレーのナンバーワン地域であり続けたが、中国での好業績は48%の増加を記録している。

ベントレー モーターズの会長兼最高経営責任者であるエイドリアン・ホールマークは、販売実績について次のように述べている。「パンデミックが発生する前に売上高の増加が見込まれていました。1年先を見据えていると、多くのことが不確実なままであるため、慎重に楽観的であり続けます。そうでないことの1つは、進歩への取り組みです。その最初のステップは、ベンテイガ・ハイブリッドの発売です。これは"Beyond 100"の戦略的道筋と、2030年までに完全に電動化された自動車メーカーになるための旅を続ける中で、幕開けとなる一台です」



また、継続的な成功の鍵は、新しいフライングスパーなどエキサイティングなモデルの発表である。高性能V8エンジンの導入により、10月にさらに売り上げが増加し​​た。

ベントレーコンチネンタルGT(24%)とGTコンバーチブル(15%)は、合わせて総売上高の39%を占め、最も人気なモデルラインとして1年を終えた。COVID-19のパンデミックにより、新型ベンテイガの市場参入が遅れたにもかかわらず、総売上高の37%を占めている。

南北アメリカ地域は3035台の自動車を納車し、2019年の対応する数値である2913台から4%増加。この地域をベントレーのナンバーワンマーケットとして位置付け、フライングスパーの導入と、コンチネンタルGTおよびGTコンバーチブルといったグランドツアラーの販売によって後押しされた。

ベントレーの最大の成長は中国市場であり、従来のセダン市場がまったく新しいフライングスパーの導入を迎えながら、ベンテイガの販売は引き続き好調だった。ヨーロッパは、2019年の2,670台に対して2,193台の自動車を納車して今年を締めくくった。新型ベンテイガの市場参入の遅れにより、この地域が影響を受け、18%減少している。

イギリスでのマーケットは一貫して好調を維持し、1,160台の販売を記録した。これは、前年度から22パーセントの減少を表している。アジア太平洋地域は、2019年に販売された1,139台に対して、6%の増加を記録し、1,203台のベントレーが新しい家へと納車された。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事