フェンディ 2021年春夏ウィメンズ&メンズ コレクション 広告キャンペーン

イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)は、イギリス人フォトグラファーニック・ナイト(Nick Knight)がロンドン(London)にある自身のスタジオで撮影した新たな広告キャンペーンを発表。本キャンペーンは、シルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)がデザインを手がけた2021年春夏ウィメンズ、およびメンズ コレクションの真髄を描き出す。

内から外をのぞき、外から内をのぞき込む親密なセッティングは、同コレクションの伝統的、かつなじみ深いインスピレーションを呼び覚ます。さらさら揺れる真っ白なカーテン、光の反射と人影で構成されるエアリーなセノグラフィー(撮影美術)を、木製のベッドや椅子などの家庭的な要素が補完している。壁に映し出されたデジタル「ウィンドウ」が外の世界を垣間見せ、その中で雲の浮かぶ青空が、フェンディが本拠を置くローマの「イタリア文明宮(Palazzo della Civiltà Italiana)」と出会う。 



撮影セットはコレクションの色使いを反映して、小麦、ミルク、ハニーのナチュラルな色合いに、マリアカルラ・ボスコーノ(Mariacarla Boscono)、ジル・コートリーヴ(Jill Kortleve)、エステル・チェン(Estelle Chen)ヘンリー・キッチャー(Henry Kitcher)、チョン・ゾート(Chun Soot)など、多彩なモデルたちが身にまとうシグネチャールックから飛び出してきたスカイブルーとカーディナルレッドがアクセントを添えている。モデルたちがスペースを埋めるにつれて、光と影が1着1着のワークマンシップの出来映えを際立たせルック全体に込められたユニークなストーリーを浮き彫りにする。

ルックを完成させるのは、メゾンのアイコニックなバッグたち。「フェンディ x カオス」 のテックアクセサリーをあしらった「ピーカブー アイシーユー(Peekaboo ISeeU)」やウィメンズの「バゲット(Baguette)」、メンズの「ピーカブー エッセンシャル(Peekaboo Essential)」が、コンテンポラリーなシェイプの新作バッグ「ムーンライト(Moonlight)」とともにひときわ注目を集める。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事