新型BMW R 1250 GS および新型BMW R 1250 GS Adventureが登場

BMW

BMWは、ひときわ洗練された革新的なツーリング・エンデューロ・モデル「新型BMW R 1250 GS」ならびに「新型BMW R 1250 GS Adventureを、BMW Motorrad 正規ディーラーにおいて、1月15日(金)より販売を開始する。

BMWのGSモデルは昨年に誕生40周年を迎え、その人気は不動のものであり、オフロード向け、ツーリング向け、アドベンチャー向けと、オールマイティーな実力を発揮している。今回発表の新型BMW R1250 GSおよび新型BMW R 1250 GS Adventure は、数多くの新機能や装備品により、より洗練され、より革新的で、より魅力的なモーターサイクルとなっている。BMW 伝統の排気量1,254ccの2気筒ボクサー・エンジンが搭載され、最高出力100kW(136PS)を発生する。



吸気側のバルブ・タイミングとバルブ・リフトを調整するBMW シフトカム・テクノロジーの採用により、全回転域で優れたパワーを発揮し、極めてスムーズで滑らかな作動と優れた燃費および排出ガス値を実現している。また、GS誕生40周年を記念し、往年の名車R100GS にインスパイヤされたブラック&イエローの特別カラー「40 years GS edition」も、両モデルに設定される。

新型BMW R1250 GS および新型BMW R1250 GS Adventure は、可能な限り最高のトラクションを提供し、高レベルの安全性を保証するため、ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)が標準装備されている。ライディング・モードへ、新たにEco モードが追加されている。このモードでは、ライダーへ可能な限り効率的なエコライディングへのサポートが行われることにより、ライディング・モード・ボタンであらかじめ好みのモードが選択できるようになり、さらに、新機能としてダイナミック・エンジン・ブレーキ・コントロールも設定されている。



このシステムにより、高回転域での走行中やシフトダウンの際、後輪に制動がかかって過剰なスリップを引き起こし、不安定な走行状態になることを安全に回避できます。新型BMW R1250 GSと新型BMW R1250 GS Adventure には、BMW インテグラルABS Proを標準装備すると共に、坂道での発進や停車に便利なアシスタント・システムであるヒル・スタート・コントロールを標準装備し、坂道発進時の快適性をさらに大きく改善し、あらゆる状況下での発進性を大幅に向上させている。


BMW R 1250 GS ¥ 2,192,000
BMW R 1250 GS プレミアム・スタンダード ¥ 2,656,000
BMW R 1250 GS プレミアム・ライン ¥ 2,656,000
BMW R 1250 GS Adventure ¥ 2,319,000
BMW R 1250 GS Adventure プレミアム・スタンダード ¥ 2,786,000
BMW R 1250 GS Adventure プレミアム・ライン ¥ 2,786,000

オクタン編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事