ロールス・ロイスがバイオリニストの感情を捉えるビデオを公開

rolls royce

ロールス・ロイス・モーターカーズは、クラシックバイオリニストのチャーリー・シームが、感情的な音楽を演奏する際の肉体的および精神的な課題について話し合う、「Inspiring Greatness」シリーズの最新作を発表した。

「ロールス・ロイスの『InspiringGreatness』シリーズは、それぞれの分野の頂点に立つ個人に光を当てます。ロールス・ロイスでは、彼らの献身、勇気、コミットメント、ビジョンに共感し、シリーズが発火する創造的な対話を楽しんでいます。チャーリー・シームは、現代のクラシック音楽家であることの意味を定義しています。彼の感性は、彼にインスピレーションを与えた人々、特にユーディ・メニューインによって伝統的に確立されていますが、彼の習得と音楽の配信は、新しい聴衆を魅了します」と、ロールス・ロイスモーターカーズCEO、トルステン・ミュラーオトヴォスは話す。

ロンドンでノルウェー人の父とイギリス人の母の間に生まれたシェムリは、偉大なユーディ・メニューインが演奏するベートーベンのヴァイオリン協奏曲を聞いた後、わずか3歳でヴァイオリンを学び始めた。ケンブリッジ大学で音楽の学位を授与された後、王立音楽大学でイツァーク・ラシュコフスキーにヴァイオリンを学んだ。非常に人気のあるソリスト、教師、レコーディングアーティストであるシームは、世界中の主要なオーケストラや室内アンサンブルと共演してきている。



このフィルムは、音楽を直接表現するために楽器を演奏するという物理的な行為を超えて、シームがどのように音楽とつながり、擬人化しようとしているのかを探る。彼は自分のヴァイオリン、つまり ‘D’Egville’ として知られる1735年のグァルネリ デルジェスについて敬虔に語っている。これは彼が「身体の延長」と呼んでいるものだ。アントニオ・ストラディヴァリによって作られた同時代のヴァイオリンほど知られていないかもしれないが、グァルネリのヴァイオリンは、シームのインスピレーションであるユーディ・メニューインを含む一部の演奏者にも支持されており、同等の素晴らしさを持つ。



フィルムの後半で、シームはロールス・ロイスの素晴らしさに出会い、イギリスの田舎をドライブしてレイスの「威厳」と呼ぶものを体験する機会を楽しんでいる。「この豪華なキャビンに座って、ほとんど何も聞こえず、すべての力を感じるのは、信じられないほど印象的で贅沢なことです」と彼はいう。

「Inspiring Greatness」は、ロールス・ロイスの探索的シリーズで、偉大さの境界を書き換える人々からの意欲的な物語のコレクションを共有している。以前のエピソードには、ミシュランの星を獲得したシェフのトム・セラーズ、写真家兼探検家のコーリー・リチャーズ、メディアアーティストのレフィク・アナドルが含まれる。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事