真のドライバーズカーを作るためのノウハウを結集│新型キャデラックCT5が登場

GM

キャデラックブランドの伝統と、真のドライバーズカーを作るためのノウハウを結集して開発した最新のラグジュアリーセダン キャデラック CT5が登場。

キャデラック CT5は、卓越したデザイン、パフォーマンス、快適性を最新テクノロジーによって融合し、細部に至るまで精緻に設計・開発されたキャデラックのブランドレガシーをさらに進化させた唯一無二のモデルである。プラットフォームには、軽量化と剛性の向上を実現した「アルファアーキテクチャー」を採用。パワートレインは、新設計の 2.0リッター 直列4気筒ターボエンジンと10速オートマチックトランスミッションにより比類なきパフォーマンスを発揮する。また、感性を刺激する上質で洗練されたエクステリア・インテリアが、テクノロジーを駆使した先進的な装備とともに、他の追随を許さない圧倒的なドライビング体験を提供する。

◇新型 キャデラック CT5の主な特徴
内外装デザインと装備の異なるラグジュアリー系の「キャデラック CT5 プラチナム」と、スポーツ系「キャデラック CT5 スポーツ」の2モデルを設定。ライフスタイルや好みに合わせて選ぶことができる。



キャデラックのコンセプトモデル“エスカーラ”にインスパイアを受けたエクステリアは、エッジの効いたキャデラックのシグネチャースタイルがより彫刻的で流麗に進化している。どの角度から見てもスポーティで洗練された自信がみなぎるデザインは、圧倒的な存在感を漂わせ、新しいファストバックスタイルはキャデラック CT5のパワー、性能を強くアピール。ロングホイールベースと引き伸ばされたサイドガラスが、低く伸びやかなスタイリングを印象づける。前後四隅を引き締める LED バーティカルライトと存在感のあるメッシュグリルはひと目でキャデラックとわかるスタイリッシュな印象となっている。

◇ハイテク&プレミアムなインテリアとテクノロジー
インテリアについては、品質や細部へのこだわり、本物の素材、完璧なクラフトマンシップを重視するとともに、直感的でシンプルな操作性の各種テクノロジーを装備。前・後席レッグルームの広さは同セグメントでトップクラス。視認性に優れた高解像度10インチタッチスクリーンやロータリーコントローラー、スクロール、ハードボタンを組み合わせた直感的なインターフェースはスマートフォンのようにスムーズに操作できます。ベンチレーション、シートヒーター、マッサージなどの快適装備に加えて、音源の制御とアクティブノイズキャンセレーション技術で実現した静粛性と心地よいサウンドをお届けする。



また、車内の空気をきれいに保つイオン発生除菌機能付エアコンディショナーを搭載している。エアイオナイザーは負に帯電した水酸化物質(O2H)を発生させ、AC ダクトを介して空気中に放出することにより、特定の空気中の汚染物質を削減。エアクオリティセンサーが大気汚染を感知するとインレットを閉じて車内へのエア流入を遮断する。

◇高効率とパワーレスポンスを両立したパワートレイン
プラットフォームには、世界的な受賞歴に輝く「アルファアーキテクチャー」を採用。卓越したパフォーマンスと軽量化、高剛性の実現に大きく寄与している。新設計の 2.0リッターターボエンジンはリッター当たり100馬力を超える直列4気筒エンジンで、クラストップのパワーとトルク、高効率を兼ね備えていまる。直噴システム、アクティブ・サーマル・マネジメント、オートスタート/ストップ機能に加え、低回転域でターボラグを抑え、NA エンジンに匹敵するスロットルレスポンスを提供するツインスクロールターボや、低負荷時に2気筒を休止し燃費効率とパフォーマンスを最大化する気筒休止システムを採用している。10速オートマチックトランスミッションと組み合わせたことで、スピーディかつ正確なギアチェンジが可能となり、なめらかで切れ目のないレスポンスを楽しむことができる。



メーカー希望小売価格(税込)は「キャデラック CT5 プラチナム」が 5,600,000円、「キャデラック CT5 スポーツ」が 6,200,000円。デリバリー開始は 2021年3月を予定している。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事