世界に一台のポルシェ356?残る様々な疑問と共にフルレストア!

時々、忘れられた宝物が現れる。このワンオフのポルシェ356 1500 Pre-Aカブリオレは、66年前にロイターによって作られた宝物だ。

カラーはオリジナル、ボディはアルミ製。アルミニウムボディは伝統的に車両、または少なくともクーペをより軽く、より機敏にするために使用されてきた。これは主に、モーターレースに勝つためだった。しかし、なぜカブリオレにアルミニウムを採用したのか?

6年間にもわたる、骨の折れる作業の後、このワンオフカーはフルレストアされた。有名なポルシェのエンジニアであるロルフ・スプレンジャーのもとで完全な作業が行われたのだった。この車は毎日運転されていたものだったため、それは大変な作業だったという。ワンオフカーとなると、そのレストアには様々な課題が発生し、疑問もうまれる。



しかし、もともとの質問に戻ろう。「なぜカブリオレにアルミなのか?」。ポルシェとロイターのアーカイブで調査したとしても、実際には答えが出ないため、ポルシェは推測だけをした。ひとつの可能性は、1892年にケルンで設立された機械学会(VdM)のメンバーが、この構成で車を注文したこと。おそらく、小規模なアルミニウム生産というものに価値があるかどうかを調査したかったのだと推測される。しかし、真相は分からない。

車は1952年7月にフランクフルトの有名なポルシェディーラーGlöcklerにデリバリーされたが、その初期の歴史についてはほとんど知られていない。1970年代にイギリス・グロスターで1,000ポンドで販売されていたことだけが分かった。その際の広告にはこう書かれている。「歴史的でユニークなポルシェカブリオレタイプ356」 「1953年3月、ツッフェンハウゼンのロイターよって特別に注文されたアルミニウム製のボディ、ホワイトのボディ、新しいグレーのインテリア、新しいレッドの布張り、新しいブラックのフード、すべてオリジナルに準拠しています」



ある時点で、車はドイツに到着した。現在の所有者は、投資として所有するのではなく、いつかレストアすることを条件に購入することが許可されたそうだ。購入者はこの紳士協定を守り、6年前にレストアチームを結成し、複雑なレストア作業を可能な限り完璧に行った。

当然のことながら、さまざまな取引を調整するタスクは、古い車両について知っておくべきことをすべて知っているだけでなく、適切な会社に適切なコンタクトを持っているエンジニアのロルフ・スプレンジャーに与えられた。彼らは最も複雑なタスクに取り組む準備をしていた。「品質は常にスピードよりも優先される」ということを証明するように、6年間で数千時間の時間がかけられている。

「このユニークな車両を完全に解体する必要があることは明らかでした。車は完成しましたが、当然、すべての部品をオーバーホールして、正常に機能していることを確認する必要がありました」とスプレンジャー氏は振り返る。チームの調査中に疑問や問題が発生したことはいうまでもない。接触腐食をどのように回避できますか?シートのフィッティングが正しくなかったのはなぜですか?そして、特に、どうすれば古いパーツをできるだけ保持し、車両をオリジナルの状態に戻すことができるでしょうか?」

これらの質問は段階的に処理され、驚くべき結果とポルシェの歴史のユニークな部分につながった。ポルシェが新しい方法を模索し、早い段階から特別な願いに応えることにどれほど熱心であったかを示しているといえる。 この特別な乗り物は、何年も前に真の宝石を手に入れたエンスージアストの物語でもあるのだ。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事