知る人ぞ知るフェラーリ、「パン屋のバン」が現代によみがえる!

Niels van Roij Design

オランダのデザインハウスニールズバン・ロイ・デザインは、ロールスロイスレイスワゴンやテスラモデルSシューティングブレークなど、過去にも素晴らしい作品を制作してきたが、これは間違いなくこれまでで最高の作品といえるだろう。今まで見てきたコーチビルドカーの中で最も美しい車だ。

新しいプロジェクトとしてニールズバン・ロイ・デザインは、フェラーリ250GTSWBブレッドバンレーサーに目をつけた。「ブレッドバンオマージュ」と名付けられたこのプロジェクトは、フェラーリ550マラネロをベースにしており、現行シューティングブレークフェラーリであるGTC4ルッソでは満足できない真のイタリア人のために作られた。1962年に制作されたオリジナルのフェラーリ250 GTSWBブレッドバンレーサー同様、この550ブレッドバンオマージュもワンオフだ。



オリジナルのブレッドバンはフェラーリ250GT SWBがベースとなっており、スクーデリアセリニッシマからル・マン用に新しいフェラーリ250GTOを作って欲しいという依頼を受けて制作された。そしてその斬新なボディワークとカムテールからブレッドバンというニックネームが付いたのである。

ブレッドバンオマージュは550マラネロがベースであると認識はできるものの、コーチビルダーのバスヴァンルーメンによっていくつもの変更が加えられた。鈑金叩き上げのボディには独特のヘッドライトや、フロントフードにはデュアルエアベントやクリアバブルが装着されている。なんとフロントガラス以外のすべてのパネルが交換、もしくは大幅に変更されているのだ。



インテリアを見てみると、青いアルカンターラで覆われたカーボンシートがまず目を引くだろう。さらにセンターコンソールやドアパネルの下部、天井はキルティングのブラックレザーで覆われているのも特徴的だ。またドアパネルの一部など、叩き出しのアルミがむき出しになっている箇所もあり、ハンドメイドであることを随所に感じさせる。特注の文字盤はレトロなデザインで、スイッチ類はアルミ製に変更され、クラシックな雰囲気が醸し出されている。





ボンネットの下には550と同じ5.5リッターV12が置かれており、478馬力で最大トルク568Nm/5000rpmを誇る。0-100加速は約4.3秒だ。車重はノーマルの550マラネロよりわずかに軽い1716kgで、ホイールはインチアップされて20インチとなった。足回りにはKoniのショックアブソーバーが採用されており、隅々まで抜かりなく手が加えられている。



この車の製作にどれほどの費用がかかったのかは明らかにされていないが、熟練の職人によるワンオフの作品であることを考えると、そう安くはなかったであろう。


オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事