ミニが生まれ変わる!新しくなったデザインでさらに愛される存在に

BMW

イギリス生まれのミニがモデルチェンジを大幅な果たす。ミニ 3 ドアー、ミニ 5 ドアーおよびミニ コンバーチブルが徹底的な見直され、ドライビングの楽しさ、表情豊かなデザイン、そして個性的なスタイルのプレミアム・プロバイダーとしての3モデルの地位が確かなものになる。

明確なエクステリア・デザインのアクセントは、象徴的なデザインを車にもたらす。さらに、革新的なマルチトーン・ルーフは、またとない個性を生み出してくれるもの。インテリアでは、広範囲にわたりデザインを変更したコックピットが、それぞれのプレミアムなキャラクターを強調している。標準装備品とオプション装備品のラインアップに追加された魅力的な装備品、新しいエクステリア・カラー、ライト・アロイ・ホイール、インテリアおよびシートのサーフェスに加え、シャシー、ドライバー・アシスタンス・システム、操作性および接続性の分野における革新的なテクノロジーが、英国ブランドのスモール・カー・モデルの最新のアップデートを完成させている。



ブランドの再始動に関連するコンセプトであるスモール・カー・セグメント向けにプレミアム・カーを作ることが、比類のない世界的なサクセス・ストーリーにつながった。「現行モデルの見直しにより、ミニは、デザイン、製品内容およびプレミアム品質に関して、スモール・カー・セグメントでかつてないほど自らを際立たせる成熟度に達しました」と、ミニブランドを率いるベルント・ケルバーは語る。「ミニは、現在、そしてこれからも抜きん出たオリジナルであり、何度でも自己改革を続けます」



新しくなったモデルの生産は、2021年3月に開始される。電気のみで駆動されるミニ クーパー SE(複合モード燃費:0.0リッター/100km(WLTP)、同電力消費量:16.8~14.8kWh/100km(NEDC)、同CO2排出量:0g/km)にとっても、モデル専用の包括的なデザイン、テクノロジーおよびプレミアム品質のアップデートは、電気自動車セグメントへの進出成功を継続するうえでの新たな勢いとなる。

究極のアスリートの最新型となるミニ ジョンクーパー ワークス(複合モード燃費:7.1~6.9リッター/100km(WLTP)x.y~y.xリッター/100km(NEDC)、同CO2排出量:162~157g/km)およびMINI John Cooper Works Convertible(複合モード燃費:7.3~7.0リッター/100km(WLTP)、同CO2排出量:166~161g/km(NEDC))も、モデル専用のデザインと製品内容のアップデートの恩恵を受ける。



「ミニの増強された製品内容は一目でわかり、どこでも目立ちます」と、プロジェクト・マネジャーのペトラ・ベックは語る。「これは、インテリアのデザイン、素材、品質感に加え、操作性、ドライビングの楽しさ、およびドライバー・アシスタンスに関する多くの新機能に当てはまります」

新しくなったミニの日本導入時期は未定となっている。


・主な特徴
LEDヘッドライトを標準装備
新しいデザインの特徴的なサイド・スカットル
デザインを変更したリヤ・エプロン、ユニオン・ジャック・デザインのLEDテールライトを標準装備
世界的イノベーション:マルチトーン・ルーフ
新しいエクステリア・カラーとライト・アロイ・ホイール
新たにデザインされたインテリア・サーフェスとエア・アウトレット
デザインを変更したステアリング・ホイールにヒーターを初めてオプション設定
5インチ・カラー・ディスプレイを備える多機能インストルメント・ディスプレイ
新しいハイグロス・ピアノ・ブラック・サラウンド、8.8インチ・ディスプレイ、最新のグラフィックス・ディスプレイを標準装備するセンターメーター・パネル
新しいライト・チェッカー・カラーのスポーツ・シート
機能を拡充した新しいアンビエント・ライトをオプション設定
アダプティブ・シャシーに周波数選択ダンピングを装備
電動パーキング・ブレーキを初めて設定
アクティブ・クルーズ・コントロールにストップ&ゴー機能を装備
新しいレーン・ディパーチャー・ウォーニングと悪天候ライトによる安全性の大幅な向上
装備を拡充したピアノ・ブラック仕上げのエクステリア
的を絞った個性化を可能にする新しい装備パッケージ
 

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事