乗るひとを「ここではないどこか、もっと遠くへ誘う」Newプジョー5008誕生!

peugeot



プジョーの未来に触発された、あたらしいフロントフェイス


NEW 5008のスタイルは、これまで以上に個性的でユニークなスタイルになった。それはプジョーデザインのあらたなフェイズ(段階)の始まりを予感させるに十分なものである。垂直に立ち上がるグリルはフレームレスとなり、ヘッドライト、バンパーと融合、ボディに見事に溶け込んでいる。



また、従来はクラムシェルボンネットのサイドのパーテーションラインからヘッドライト上を通っていたLEDデイタイムライトは、新世代プジョーのデザインコードであるセイバー(サーベルの意)と呼ばれる牙状のものとなった。近未来的なフレームレスグリルとなったこと、セイバーが縦のラインを強調しホイールを強調するかのようにオープニングラインと呼応するような配置となったこと、このふたつにより、NEW 5008のフロントフェイスはよりSUVらしいダイナミックな意匠となったのだ。



GTではフルLEDヘッドライトとなり、リアフォグ点灯時に光度、角度を自動調整するフォグモードが備わり、ヘッドライトユニット内側にスタティックコーナリングライトを内蔵。夜間のドライブの安全性がより高まった。それらを視覚的に支えるバンパーはより彫刻的で多面的な造形となり、フロントフェイス全体が統合されたスタイルとなるようにリデザインされた。また、フロントフード先端には、これもまた新世代プジョーらしく、5008のエンブレムが配されている。サイドに目を移せばSUVらしいがっしりとしたショルダーラインと、スリークなサイドウインドウグラフィックを囲むクロームのサイドモールは、5008ならではのボディの長さとホイールベースを強調し、伸びやかな品格あるスタイリングを生み出している。





リアビューはボディ幅いっぱいに広がったブラックバンドとその中にライオンの爪あとから着想を得た、三条のLEDが赤く光る3D LEDリアコンビランプが備わっている。さらに立体感を増したこのLEDリアコンビランプはウインカー点灯時に光が流れるシーケンシャルインジケーターを採り入れ、さらに視認性が高まった。




オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事