選手の熱い想いに応えたい!リシャール・ミルが男子プロゴルフ大会をサポート

Richard Mille

新型コロナウイルス感染症の影響で世の中が一変した2020年は、ゴルフ界にとっても未曾有の1年だった。日本男子プロゴルフ界においても大会の中止が相次ぎ、昨年のツアートーナメントはわずか6 試合。これでは選手たちの生活も成り立たない。そこでジャパンゴルフツアー選手会は、自らが主催するトーナメントを開催することを決意した。

選手が立ち上げる「PLAYERS CHAMPIONSHIP」形式はアメリカではすでに開催されているが、日本ではこれまで開催されたことがない。日本でもこのようなスタイルでのトーナメントを開催したいという選手たちの熱い想いに応えたのがリシャール・ミルである。宮里優作プロをリシャール・ミル ファミリーとしてサポートするなどゴルフ界とのゆかりも深いリシャール・ミルは特別協賛としてこの大会をサポートし、今年5月に『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by RICHARD MILLE』を開催することを発表した。賞金総額は5000万円、優勝賞金は1000万円。そして優勝副賞としてリシャール・ミルのRM 67-02 オートマティック エクストラフラット(1790万円:2021年2月時点の価格)が提供される。

またリシャールミルジャパン基金は、この大会を通じてチャリティ活動をおこなう。ラグジュアリーブランドの社会的責務としてチャリティは不可欠なものという企業姿勢のもと、賞金とは別にチャリティの協賛金が用意される。現時点では「決勝日に出たバーディー以上の数×10,000円」を大会に寄贈することを検討しており、それらは新型コロナウイルス対策等へのチャリティに充てられる予定だという。

「とにかくつらい状況にある選手たちの『なんとかしたい』『なんとかゴルフを続けたい』という想いに応えたい」というリシャールミルジャパンの川﨑圭太代表取締役社長は自身も大のゴルフ好きであり、この困難な状況下においては「スポンサーの利益ではなく、社会貢献につながることをしたい」「少しでも明るい話題で、元気に」と語る。

リシャール・ミルがチャリティに力を注ぐ理由のひとつには、高額な商品を購入する顧客にも、その一部が社会の役に立っていることを感じていただきたいからだという。たとえばリシャール・ミルの顧客がプロスポーツ選手と出会うことで、個人スポンサーとしての新しい縁が生まれるかもしれない。「若いプロゴルファーは皆、礼儀正しく清々しい“いいヤツ”が多く、心から応援したい。彼らが自分の魅力をアピールできる場になってもらえればと思っています」「『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by RICHARD MILLE』に限らず、他のスポンサーによる第2、第3の『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by○○』にも発展してくれることを願う」と語る川﨑社長の言葉には大いに納得するとともに、ジャパンゴルフツアー選手会の新たなチャレンジにもエールを送りたい。


ジャパンゴルフツアー選手会会長 時松隆光プロのコメント
「初の試みとなるジャパンゴルフツアー選手会主催の新規トーナメントに特別協賛としてご支援いただき感謝しております。このような状況下において、実施までの道程は平坦ではありませんが選手一同協力してまいりますので、応援の程宜しくお願いいたします。」
null


JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by RICHARD MILLE

開催日:2021年5月6日(木)~9日(日)
主催:ジャパンゴルフツアー選手会(JGTPC)
共催:一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)
特別協賛:リシャールミルジャパン株式会社
協力:ホウライ株式会社、リシャールミルジャパン基金
会場:西那須野カントリー倶楽部

賞金総額:5000万円
優勝賞金:1000万円
優勝副賞:RICHARD MILLE 腕時計 1 本
出場人数:144名(予定)
運営:株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ
競技方法:72ホールズ・ストロークプレー


ー2021年2月24日追記:リシャール・ミルからの発表ー
男子プロゴルフトーナメント
『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by RICHARD MILLE』への特別協賛見合わせについて

リシャール・ミルが特別協賛し、2020-2021 ジャパンゴルフツアー・ツアートーナメントとして開催が予定されていた 『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by RICHARD MILLE』につきまして、新型コロナウイルス感染症拡大により一部地域に緊急事態宣言が発令され、終息への状況が不透明な中、本大会でのチャリティ活動並びに顧客のご招待が感染リスクに繋がってしまう可能性を鑑み、私共といたしましては、今大会への協力を見合わす運びとなりました。
皆さまのご賛同のもと、大会を盛り上げようという大きな希望を抱えながら、苦渋の決断となりました。
ご協力をいただきました皆さまにあらためて感謝いたしますと共に、深くお詫び申し上げます。
リシャールミルジャパン基金のチャリティ活動の一環として、1000万円を本大会の主催者であるジャパンゴルフツアー選手会へ寄付させていただき、その一部を新型コロナウイルス感染拡大対策としてご活用いただく予定でございます。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事