これまでにない循環性のあるものづくりへの取組み│ルイ・ヴィトン21春夏メンズ・コレクション新作

ルイ・ヴィトンは、2021春夏コレクションよりメンズ・シューズ「LVトレイナー アップサイクリング」を発売開始した。

2021春夏コレクションの新作「LVトレイナー アップサイクリング」は、メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローがデビューを飾った2019春夏ショーで披露された初代の「LVトレイナー」から着想を得たもの。

強いインパクトを放つ魅力的なデザイン──そのクリエイティブでユニークな循環型の制作プロセスは、既存の素材を最大限に活かすため、サステナブルかつアップサイクリングな取組みに基づき、イタリアのフィエッソ・ダルティコに構えるルイ・ヴィトンのシューズ・アトリエで開発された。この最新「LVトレイナー」コレクションは、ヴァージル・アブローが2021春夏コレクションで考案した「アップサイクリングのイデオロギー」と共に、ルイ・ヴィトン製品のサステナビリティをさらに強化する、これまでにない循環性のあるものづくりへの取組みに完璧にマッチしている。



2019年に発表されたオリジナル版を分解して、再構築した新作「LVトレイナー アップサイクリング」──完成したのは、まったく同じでも、まったく違うものでもない、新たな製品である。しなやかなカーフスキンとスエードを使用し、タイダイのカラーレースでアップデート。ローカットバージョンは鮮やかな新色の5色展開で、履き口にはパッドを配した。このアイコニックなシューズは、ヒールに「LV Upcycling」の縁取り、サイドにはルイ・ヴィトンのシグネチャー、ソールにはモノグラム・フラワーをあしらい、右足にはルイ・ヴィトンのコードを施したネオンカラーのタグが付いている。
 
レザーに手作業で施されたシューズのセンタリングやカッティングに関する注釈や縫い糸の端をあえて処理せずに外に出しているデザインなど、購入後でも自分好みにカスタマイズすることができる。

LVトレイナー アップサイクリング いずれも142,000円(税抜) 

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事