オンライン学習環境を支援│ベントレーがクルーの学校にラップトップを寄付

Bentley motors

ベントレー・モーターズは、3月まで家庭学習が継続されることを受け、地域社会を支援する取り組みの一環として50台以上のノートパソコンとPCを地元の学校の生徒に寄付した。

そのうち16台のラップトップがクルー UTCに寄付された。ここは、ベントレーが創設パートナーとして継続的な関係を持っている学校である。さらに、ベントレーは60人以上のスタッフに長期のラップトップローンとWi-Fiホットスポットを提供して、家庭でオンライン接続に困っている人々を支援した。さらに34台のラップトップとPCが地元のクルーを拠点とする組織であるプロジェクト100に寄付されている。この組織は、オンラインツールを使用できないクルー地域の子供たちをサポートするために、地元の学校にIT機器を配っている。



ベントレーのDr.アストリッド・フォンテーヌは次のように説明している。「地元の学校や家族が再びオンライン学習に適応し、多くの学校がはるかに広範なデジタル学習プラットフォームを導入しているため、子供が自宅で使用するのに十分なデジタルデバイスを設置することがこれまで以上に重要になっています」

「このことは多くの家族にとって大変なこととなるはずなので、地元の学校や同僚と話し合い、ITリソースを提供して喜んで利用していただけるようにしました」

「私たち自身のリモートワークの経験から分かったように、リモートで大きなことを成し遂げることもできますが、人とのつながりに代わるものはありません。状況が良くなったら、すぐに生徒全員を教室に戻すことが重要です。それが可能になるまで、私たちは地元で支援するという役割を果たせることを嬉しく思います」

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事