「フェラーリといえば赤」の固定観念を覆す!金色の365GT4BB

RM Sotheby's

スーパーカー世代に育った者であればフェラーリ365GT4BB(ベルリネッタボクサー)の名を一度は耳にしたことがあるだろう。365GT4BBは、伝説的ともいえるモデル、365GTB/4デイトナベルリネッタから劇的な変化を遂げて、1971年のトリノショーでプロトタイプとしてデビューし、1973年にほとんど変更を加えられることなく生産が開始された。

初のV型エンジンを搭載していないロードゴーイングフェラーリであり、フェラーリにとってもこの車はそれまでとはまったく違う車であった。また365GT4BBはフェラーリの伝統をよく反映しており、4.4リッター、4カムの「ボクサー」エンジンは7,700rpmで360bhp以上というスペックを誇る。F1世界選手権で優勝した水平対向12気筒エンジンやスポーツレーシングユニットから得た知識が活かされたエンジンなのだ。



プロトタイプのBBが290km/h以上で走行したという噂が広まったが、市販車のBBは実際には280km/h程度しか出なかった。しかしそれに失望するようなカスタマーはほとんどいなかったのである。エンジンが中央に配置されたことにより、ほぼ完璧な重量バランスを実現し、BBは直線の加速性能だけではなくハンドリングも同様に優れていた。

また、チューブラーフレームとモノコックが組み合わさったシャシーは、ギアボックスとファイナルドライブの上にモーターを配置するミドシップ5段トランスアクスル方式となっていることで、ホイールベースを適度な長さに抑えることできた。



ベルリネッタはピニンファリーナによってデザインされたエレガントなボディに身を包まれた。度重なる風洞実験の結果、ピニンファリーナの傑作はスカリエッティによってモデナで組み立てられた。アルミニウム合金とスチールのパネルによって車体上部が構成され、フロントとリアのオーバーハングはマットブラックに仕上げられたグラスファイバーでできている。それによって当時365GT4BBは「世界一高価で最速の車」という称号を得たのであった。1973年から1976年の間に367台の365GT4BBが生産されたが、オリジナルでオロキアロに塗装されたのはわずか3台のみだった。



シャシーナンバー#18261のBBは、1975年1月にアメリカに納車され、ルイジ・キネティ・モータースを通してテキサス州タイラーのJ.G ウォーカー Jr.によって購入された。1983年までに6000マイル(約9656km)を走ったこの車は、フェラーリマーケットレターに売りに出され、黒いボクサートリムとタンのインテリアでシャンパンカラーを身に纏っていた。そしてその年の終わりまでに、このBBはペンシルベニア州ピッツバーグに移動し、少なくとも1987年4月まではそこに置かれていたが、その後フェラーリマーケットレターに出品され、その時点でオドメーターは11,000マイル(約177,00km)を示していた。



1988年に、BBはペンシルベニアからスウェーデンに輸出された。興味深いことにそれから27年間ものあいだオーナーが変わることはなかった。しかし2015年9月についに売りに出されると、BBはドイツに渡り最終的に2016年に委託販売業者の手元に渡って今に至る。書類には2015年にスウェーデンでタイミングベルトが交換されたと記録されており、それ以来300kmほど走行距離が伸びている。ベージュレザーのインテリアとオロキアロカラーのボディという組み合わせというだけですでに魅力的だが、さらにそれが数十年に渡って維持されてきたというのは、この車にとっても非常に誇らしいことだろう。

この365GT4BBは2月13日のパリで開催されるサザビーズオークションに出品され、最低落札価格は設定されていないが、推定落札金額は260,000ユーロ(約33,000,000円)~310,000ユーロ(約39,000,000円)となっている。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事