H.モーザー スイス・アルプ・ウォッチに最後のアップグレード

インスピレーションに富むコンセプトの最後、スイス・アルプ・ウォッチ ファイナル アップグレードが、2016年から熱狂的な愛好家を魅了し続けてきたスイス・アルプ・ウォッチ冒険のクライマックスを飾る。コネクテッド ウォッチの台頭を受け、約200年に及ぶ歴史を持つH.Moser&Cie.(H. モーザー社)のようなブランドがその伝統と機械式高級時計が持つ価値観に忠実に、なおかつ最先端のムーブメントを開発する必要性を示すために発売されたスイス・アルプ・ウォッチ。その有終の美を飾るに相応しい作品をお届けする。

唯一無二のコンセプトモデルとなるこのスイス・アルプ・ウォッチ ファイナル アップグレードは、コネクテッド ウォッチの美学に敬意を表しつつ、洗練された ベンタブラック®という先端素材と、伝統的として受け継がれてきた高度な時計製造技術を融合したもの。スイス・アルプ・ウォッチ ファイナル アップグレードは、同ラインの従来モデルと同じく、コネクテッドウォッチの現代的なデザインにインスパイアされながらも完全な機械式時計となっている。100% スイス メイドの自社製ムーブメントを搭載、パワーリザーブは100時間以上と、次世代まで永く愛用されるように開発された。H. モーザー社は、今こそ、さまざまな情報をダウンロードするのではなく、私たち自身を充電する時であると考える。



時計は人の感情を表現するものであり、夢を見させてくれるものであり、同時に時刻を表示するという重要な役割を果たすものでもなければならない。このモデルで、H. モーザー社は、コレクションの数年にわたる成功の要因にもなっている異なる要素を組み合わせたいと考えた。今回のコンセプトモデルには、コネクテッドウォッチにインスパイアされた美学、ロゴもインデックスもない ベンタブラック® ダイアルが採用されている。人工素材の中では最も黒いとされる ベンタブラック®、そして同じように黒く仕上げられた時針と分針はまさにスマートウォッチのスリープ状態を思わせる。このスタイルをさらに強調するのが 6時位置のスモールセコンドで、開口部はそのために新たにデザインされたディスクで構成されている。



絶えず過ぎ去る時をイメージさせるこのシンボルは、この場所、そして今という瞬間だけがすべてであることを感じさせてくれる。「このコンセプトは、ブランド フレンドであり、スイス・アルプ・ウォッチ コレクションの熱烈なファンでもある一人のお客様からもたらされたものです。そのお客様が大変貴重なデザインを手に訪問されたとき、私たちはすぐに、ユーモアといささかの挑発を感じさせるこのモデルの制作を思い立ちました」と、H. モーザー社 CEO エドゥアルド・メイランは説明している。

H. モーザー社は、超現代的かつ無駄をそぎ落としたタイムレスな手法でミニマリズムと控えめな美学を讃え、シンプルな美しさと厳選された複雑な素材の見事なコントラストを生み出した。スイス・アルプ・ウォッチ ファイナル アップグレードは、ブラック DLC コーティングを施したステンレススチール製ケースで、完璧な黒が持つパワーを存分に放っている。スイス・アルプ・ウォッチ ファイナル アップグレードは、スイス・アルプ・ウォッチ コレクションの終わり、製造終了を象徴するにふさわしいコンセプトモデルなのだ。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事