RM Sotheby’s / 1972 Ferrari 365 GTB/4 Daytona Spider

MO17_r103_001.jpg

8月に米国カリフォルニア州モントレーで開催されるRM Sotheby’sオークションに、レアなフェラーリが出品される。121台生産された、フェラーリ365 GTB/4 デイトナ・スパイダーだ。


170710_ferrari (1).jpg

1968年に登場したフェラーリ・デイトナは、クラシック・フェラーリのなかでは最後となった、古典的なロングノーズ・ショートデッキスタイルを採用したグランツーリスモである。生産台数は1406台。ピニンファリーナのレオナルド・フィオラバンティが手掛けた優美なスタイルは現在も高く評価されており、クラシックカー・オークションにおいて高額で取引されるモデルのひとつとなっている。(約8000万円から約1億円ほど。)

170710_ferrari (3).jpg

フェラーリ・デイトナのボディタイプはほとんどがクーペであるが、ごく少数のスパイダーが存在する。生産台数はわずか121台。クーペよりも希少価値が高いことからコレクターズアイテムとなり、2015年のモントレー・オークションでは275万ドル(約3億1400万円)という超高額で落札されている。

170710_ferrari (29).jpg

今回出品されるシャシーナンバー15007は1972年式で、121台つくられたデイトナ・スパイダーのなかでは40番目に作られた車両だ。

170710_ferrari (5).jpg

RM Sotheby’sによれば、この車は1983年から1人のオーナーによって所有されており、状態は良好。マッチングナンバー車で、走行距離は36,513マイルであるという。

170710_ferrari (12).jpg170710_ferrari (11).jpg

また、この車両は1972年のロサンゼルスショーでの展示や、1976年に公開された映画『スター誕生』に出演したヒストリーも保有しているという。

170710_ferrari (22).jpg

この記事を書いている2017年7月10日現在、まだエスティメイトは公開されていない。詳細はRM Sotheby’s公式ページを御覧いただきたい。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING人気の記事