生誕100周年を祝し、NEW CHIEF誕生!新しく設計された3つの新しいインディアンチーフ

1921年にインディアンモーターサイクルは、歴史的な影響をマーケットに与えたモーターサイクルの1つであるインディアンチーフを発表した。今年その生誕からの100年を記念し、アメリカの最初のモーターサイクル企業であるインディアンモーターサイクルは、Newラインナップとして、全く新しく設計された3つの新しいインディアンチーフ・モデルを発表した。その伝統的なアメリカンVツインスタイルに最新のパフォーマンスとテクノロジーを組み合わせたインディアン・チーフは、アメリカンモーターサイクルの栄光の日々に敬意を表し、シンプルでありながら実にマシンとしての優雅なデザイン美学を兼ね備えた全く新しいバイクとして設計された。 

すべてのモデルが時代を超えたシンプルなスチールチューブフレームで構成され、インディアンモーターサイクルの強力なサンダーストローク116エンジンを搭載、チーフ・ダークホース、チーフ・ボバーダークホース、スーパーチーフ・リミテッドは、クラシカルなアメリカンVツインデザインにそれぞれ特徴ある3つの個性で味付けされた。 

チーフ・ダークホースチーフ・ボバーダークホース



スーパーチーフ・リミテッド


新しいチーフダークホースは、パワー、削ぎ落とされたミニマルデザイン、伝統的なライディングポジションで、肩肘を張ることのない心地よいライディングを実現する。 

チーフボバーダークホースはスポークホイールにファットなタイヤを装着し、そのフロントエンドが無骨にマッシブになり、ソロボバーシートが付けられたそのデザインは、大戦後に流行ったクラシックカスタムである、ボブ&チョップのカスタムデザインにスタイリッシュなスパイスとともにオマージュを捧げた。 

そして、最上級モデルとしてサドルバッグとウインドシールドを備えたスーパーチーフリミテッドは、汎用性と実用性をより長距離ライディングに快適性を求めるライダーに満足してもらうためのものだ。 

「生まれ変わったインディアンチーフは本当にアイコニックなモーターサイクルであり、その発表は、生誕100歳の誕生日を祝うのに最適な方法でした」とモーターサイクル部門の社長であるマイク・ドゥアテイは述べている。「これらのバイクは、クラシカルアメリカンVツインのマシンとしてのシンプルデザインとライディングポジションであっても、モダンで洗練された機能・装備を備えています。この新しいプラットフォームをラインナップに加えることは、最高にエキサイティングな事でした」 



新しいインディアンチーフのラインナップは、シンプルでありながらもパワフルなモデルとなっている。シンプルデザインのチーフは、クラシカルなスチールウェルドチューブフレームで形作られている。ラインナップには、15.1リッター燃料タンク、ボブ・リアフェンダー、デュアル・アウトボード・プリロード調整可能リアショック、デュアルエキゾースト、LEDライティング、キーレスイグニッション、ピレリ・ナイトドラゴンタイヤが搭載されている。 

クルーズコントロールに加えて、ライダーは、スポーツ/スタンダード/ツアーの3つのライドモードのいずれかを選択することで、スロットルレスポンスを好みのライドスタイルに調整できる。 

ホイールベース:1626mm/シート高:662 mm/ウェット・ウェイト:304 kg という数値は、ライダーにとっての安心感と操作性の良さを印象づけるだだろう。チーフのコンベンショナルな 46mmフロントフォークは、132 mmのトラベル、28.5度のリーンアングル、そして快適な人間工学的デザインで、どのようなスタイルのなライディングルートにも対応できるマシンとなっている。 

「私たちは時代を超越したスタイリングを再現したかったのですが、そのスタイルを崩すことなく、ネイキッドでもアクセサリーパーツでフルにドレスアップされても、非常に美しく映えるスタイリングとなりました。」インディアンモーターサイクルのインダストリアルデザイン担当ディレクターであるオラ・ステネガルドは述べている。「また、ライダーの想像力をパーソナライズされたオプションパーツとライダーの個性で融合できるように、そのスタイリングはシンプルに保ちたいと考えました。究極的には、これはシンプルなマシン・スタイリング、と実にアメリカンなマッシブ・デザインで走ることに対するアグレッシブな気持ちを呼び起こすバイクです。完全にピュアなライディングマシーンです」 

【インディアン チーフ のラインナップ】
チーフ ダークホース/チーフ ボバー ダークホース/スーパー チーフ リミテッド

すべてのチーフモデルに動力を供給するのは、162Nmのビッグトルクのサンダーストローク116エンジンだ。 ABSは標準。クラフツマンシップの技で仕上げられたプレミアムなディテールがそのこだわりとなっている。チーフとチーフボバーダークホースの各モデルは、プレミアムグロスブラックで全体をシックで重厚な佇まいを演出し、スーパーチーフリミテッドはプレミアムクロームの輝きで高級感を表現している。 


さらに、各モデルは、業界初の101mmラウンド・ライドコマンドシステムでを装備する。ライダーは、グリップコントロールまたはデジタルIPS タッチスクリーンディスプレイを介してライドコマンドシステムを操作できる。ライダーは、2つの異なるゲージデザイン、モーターサイクルの各種情報、ターンバイターン方式のナビゲーション(※日本非対応)など、複数のインターフェースを表示できる。ワイヤレス・ヘルメット・ヘッドセットなどを使用している場合、ライダーは、BluetoothまたはUSBを介してスマートフォンの端末をペアリングすると、ライドコマンドシステム内で音楽を楽しめる。ライダーは、最新の通話、連絡先、テンキー、テキストメッセージの履歴などのスマホ情報・操作へもアクセスできる。接続すると、着信が表示され、ライドコマンドシステムを介して通話/着信拒否なども可能になる。 

《チーフダークホース》

チーフダークホースは、ドラッグハンドルバー、19インチ・キャストホイール、ミッドマウント・フットコントロール、スリムデザインのヘッドライトバケット、ソロ・ボバーシートによってそのミニマルスタイリングを強調。


本体カラー/消費税込み希望小売価格:
◼ ブラックスモーク:2,278,000円
◼ アルミナジェイドスモーク/ステルスグレー:2,358,000円 


《チーフ ボバー ダークホース》 

ミニ・エイプハンガー・ハンドルバーとフォワード・フットコントロールを 組み合わせることで、よりアップライトな、力強いライディングポジションを実現する。チーフボバーダークホースは、16インチのワイヤーホイールに、フロントフォーク/リアショックにカバーを装着し、ナセルで包まれた大きなヘッドライトバケットを備えている。 

本体カラー/消費税込み希望小売価格:
◼ ブラックスモーク/チタンスモーク/セージブラシスモーク:2,578,000円 


《スーパーチーフリミテッド》

快適さを重視して設計されたスーパーチーフリミテッドは、クイックリリース・ ウインドシールド、ブラック・レザーサドルバッグ、パッセンジャーパッド付きツーリングシート、フロアボード、クルーザーハンドルバーをその特徴としている。スーパーチーフリミテッドは、16 インチ・ワイヤーホイール、ナセル付き大型ヘッドライトバケット、フォークカバー、プレミアムな外見を演出するフルクロームエキゾーストを装備している。 


本体カラー/消費税込み希望小売価格:
◼ ブラックメタリック/ブルースレートメタリック/マルーンメタリック:2,878,000円 

純正アクセサリーパーツ: チーフのライダーは、チーフモデル用に特別設計されたパーツや、スカウトモデルやサンダーストロークモデル用の既存のパーツを含む、70 を超えるアクセサリーパーツをチョイスできる。 インディアンモータサイクルのアクセサリーラインは、パフォーマンスを向上させ、スタイルをパーソナライズし、 ライダーにより快適なライディングを提供できるものを用意している。※日本非導入、公道使用で きないものも含まれる。 

パフォーマンス: 
インディアンモーターサイクルのパフォーマンス・アクセサリーパーツ は、スロットルレスポンスを向上させることで、パワーとト ルクをアップさせ、よりその加速性能を高めるように構築されている。エアインテーク、ステージ 1・スリッポンマフラー、スラッシュカット&フィッシュテールのエマフラーエンドが用意されています。※日本導入未定 

スタイル: 
ソロラック& ラックバッグ、ロー&ミッド・ウインドシールド、ハイフローのエアインテークなど、さまざまなパーツでそのスタイリングをパーソナライズすることで、望みのカスタムルックを完成させることができる。ライダーには、8インチ・ミニエイプハンガー、127mmのミッド・ ライザー、リデュース・リーチ、クルーザー&ドラッグ・ハンドルバーなど、5つのハンドルバーオプショ ンもある。 

快適性: 
インディアンモーターサイクルのコンフォートパッケージには、様々なパーソナルスタイルとライディングスタイルに対応するアクセサリーが提供されている。ミッド& トール・ウインドシールド、パッセンジャー・パッド、ハイウェイバー、パスファインダーS LEDドライビングライトなどが用意。 

※アクセサリーパーツに関しては、日本の法規に適合したもののみ導入予定。 

パーツに加えて、インディアンモーターサイクルは、3 つのユニークなラインから選択できる新しい チーフ・アパレルコレクションをデビューさせる。チーフダークホースのミニマルなスタイリングデザイン、チーフボバーダークホースのクラシカルなマッシブデザイン、スーパーチーフリミテッドのロードウォリアーデザインなど、3つのユニークなアパレルラインが準備されている。





オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事