カルティエ、ESCP、HEC経営大学院が新たな研究講座を開設

​カルティエは、2つの名門ビジネススクールの力を集結させ、ビジネスと社会の新たな課題に関する研究を推進する初の取り組みを開始する。
 
本講座が目指すのは、研究文化の共有と、現在および将来訪れるビジネス手法や社会的課題に関連するターニングポイントに対して、メゾン カルティエが向き合う力を養うことである。

「ターニングポイント ―アスピレーションから インスピレーションへ」は、ESCPのベン・ヴォワイエ(Ben Voyer)およびHEC経営大学院のアン=ロール・セリエ(Anne-Laure Sellier)両教授が共同で担当する。

本講座は、Win-Winのパートナーシップのユニークな例として、欧州の名門ビジネススクールである両校が力を結集させ、研究専門知識を相互に補完し合い、文化的広がりや独自のプログラムを提供することによりこれまでにない新たな種類のパートナーシップを確立する。フランスの名門ビジネススクールとカルティエの間でのこのような規模のコラボレーションは前例がない。

本講座は、サステナビリティ、消費への新たな関わり、Z世代の行動といった現在のターニングポイントが提起する研究課題、ならびに迫りくる将来の課題に取り組む。また学生とカルティエのマネジャーへ刺激的な議論の場を提供し、その育成と啓発を目指すものだ。
 
「ターニングポイント」講座は、教授陣に各専門分野における最先端の学術研究の場を担保するだけでなく、以下を通じてカルティエおよび両ビジネススクールの学生とそのエコシステムに考察の機会を提供する。

・全世界のカルティエ コミュニティに、思考の糧とインスピレーションに富む学習を提供すること
・生きたケーススタディを通して対話に取り組むことで、具体的なビジネスと社会問題におけるさまざまな文化的および世代的観点を把握すること
・コミュニティ マネジャーからなる学生チームの力を借りて、世代的および文化的変化の「観測の場」を設けること
・先の課題をあぶり出すカルティエでのケーススタディを作成することによって、サステナビリティに関するベストプラクティスを把握すること

カルティエ インターナショナルのプレジデント&CEO、シリル・ヴィニュロンは次のようにコメントしている。「学術研究と教育は、ラグジュアリー業界の既存の習慣や固定観念を変えるために重要な役割を果たします。国際的なラグジュアリーメゾンとして、カルティエは、次世代にインスピレーションをもたらすべく、こうした課題に取り組む人材を今後も積極的にサポートしていきます。これは、ビジネスと教育の間の対話をさらに促進し、具体的かつ永続的な影響をもたらすことを意味します」

「ターニングポイント」講座を共同で担当するESCPのベン・ヴォワイエ教授は断言している。「カルティエは、クラフツマンシップに重きを置くメゾンの中でも際立ってユニークな文化と伝統を有しています。 そのような独自性のあるメゾンにインスピレーションを提供する機会を持てるのは名誉なことです。世界中のカルティエ社員とのクリエイティブなディスカッションを育み、最先端の学術研究や知見を分かち合い、サステナビリティから循環型消費、文化的相違から世代間の違いまで、現在のビジネスおよび社会問題について一味違う見方をもたらすことを楽しみにしています」

「ターニングポイント」講座を共同で担当するHEC経営大学院のアン=ロール・セリエ教授はさらに次のようにコメントしている。「素晴らしい文化、リーダーシップ、リソースを有するカルティエは、ビジネス活動にとどまらず、社会的影響力の面でも、偉大な組織として発展し続ける最高の諸要素を備えています。この講座が、少し違った見方で社会をとらえ、アイデアを交換しこれから先の課題の解決方法を編み出すための、もう1つのレンズをカルティエ社員にもたらすよう願っています」

1つ目のターニングポイント: サステナビリティ
両教授が着手する最初の研究プロジェクトの1つは、社会が直面しているおそらく最も切迫したターニングポイントであるサステナビリティについて、論じられる際に用いられる言葉と言葉遣いに関する考察である。講座では、サステナビリティとそれに関連した人間の行動について語る際、ビジネスウーマン/ビジネスマンが使うフランス語に関するデータを集め、英語の「サステナビリティ」という言葉の複雑さがフランス語にどう訳されるかを把握するという課題に着手する。


お問い合わせ先:カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事