2021年における「Best Dream Machine」に選ばれた車は?

ベントレー・フライングスパー W12が、モーターウィークの2021 Drivers’ Choice Awardsで"Best Dream Machine"に選ばれた。

1981年以来、モーターウィークは自動車業界におけるベストを評価し、購入者の視点を鑑み、業界のトレンドをつかみながら、業界で最も革新的な自動車に目を向けている。

現在、2005年の発売以来4万台以上が販売されており、フライングスパーは世界で最も成功したラグジュアリースポーツセダンとしての地位を確立し続けている。業界初の3次元レザー、最先端のベントレー回転ディスプレイ、格納式の照明付き「フライングB」など、スポーティなディテールがその存在感を象徴する。



フライングスパーの大胆なエクステリアデザインは、鋳造の最新技術を利用した、ベントレーにおける新しいモダンなビジョンに基づいている。モーターウィークの長年のクリエイター、ホスト、シニアエグゼクティブプロデューサーであるジョン・デイビスは次のようにコメントしている。

「ベントレー・フライングスパーは、私たちが自動車の持つ夢を完全に実現しており、パフォーマンスに関してはそれをはるかに超えています。4.0秒未満で時速60マイルまで楽々と走ります」

ベントレーアメリカのCEO兼社長であるクリストフ・ジョルジュは次のようにコメントしている。「フライングスパーは2005年からベントレーの一部であり、それ以来、リムジンの高級車とスポーツカーのパフォーマンスを組み合わせて、究極のドリームマシンを生み出し、両方の世界のベストの基準を設定してきました。 モーターウィークがフライングスパーを業界のリーダーとして認めたことをチーム全体が光栄に思います」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事