冬もポルシェで熱くなろう!長く愛される氷上レースの歴史

Porsche

フェルディナント・ポルシェに敬意を払い、オーストリアにある凍ったツェラー湖で20年以上に渡り開催されてきたアドレナリンに満ちたレースフェスティバル。無観客ではあるが、今年も無事開催に至った。

スカンジナビア発祥のスキージョアリング(犬などに引っ張ってもらいスキーなどを楽しむアクティビティ)は、もともと輸送手段として利用されていた。スキーができる農民たちは馬や犬に引っ張ってもらって移動していたのである。そしてこの慣習がのちにスポーツになった。その変遷を追ってみよう。

1937年の冬、オーストリアアルプスの凍った湖になんとサーキットが特設された。犬や馬ではなく、バイクや車に引っ張られてスキージョアリングをやろうというのだ。美しいツェラー湖の岸には、このクレイジーで斬新なスポーツを観戦しようと多くの観客が集まった。



このスポーツにインスパイアされて15年後の1952年2月10日に初開催されたのが、フェルディナント・ポルシェ記念レースだ。

待望の復活であったものの、ことは計画通りには運ばない。レース開始直前の大雪により、主催者は別の開催場所を探す必要に迫られたが、時すでに遅し。会場には大勢の観客が詰めかけていた。

その約1年前に逝去した1951年1月30日に75歳で亡くなったフェルディナント・ポルシェを偲んで、イベント会場では1分間の黙祷が捧げられた。彼はポルシェ家の故郷であるツェル・アム・ゼーで今も眠っている。

黙祷が終わるとエンジンが点火され、集まった観客のボルテージもそれと同時に上昇していく。



1950年代初頭、レースはオーストリアで最も人気のある娯楽のひとつであり、週末になると何千人もの人々が夢中になってレースを観戦していた。当時オーストリアではモータリゼーションが始まったばかりで、フェルディナント・ポルシェ記念レースは、“冬でもモータースポーツをやめることはない”という国民のモータースポーツに対する熱い思いを体現したものであった。

実際に当時オーストリアで幼少期を過ごしたオーストリア出身の作家、トーマス・カーニーは「オートバイと車には大きな憧れがありました」と語る。

サーズバーガー・ネクリケンの約1800mの特設コースで行われた最初のフェルディナント・ポルシェ記念レースは「事故のない完璧なイベント」だったそうだ。バイクや車でスキーを引っ張り、平均時速は最高で57km/hを記録したイベントだったにも関わらず、である。

ポルシェとこの地域には当時から密接な関わりがあった。ポルシェ家は1941年にツェラー湖の上のシュットグート邸宅を買収し、戦後、新たなポルシェの歴史が始まった。そしてそこからや約130km離れたグミュントの町にあるかつては製材所として使われていた小屋で、家系の名前が付けられた最初の車が生産されたのである。



フェルディナント・ポルシェ記念レースは翌1953年にツェル湖で再び開催された。サーズバーガー・ネクリケンの報告によると、オーストリアとドイツから48人の参加者が13のレースに参加したという。

このイベントで活躍したポルシェ356は、数々の自動車コンテストで賞を獲得した。またフェルディナント・ポルシェの甥であるハーバート・ケースは、1500ccのスポーツカークラスのレースで356を勝利に導いている。実際にステアリングを握っていたのは、当時ポルシェのレーシングディレクターであったフシュケ・フォン・ハンシュタインだ。しかしそのレースで注目を集めたのはハンシュタインではなく、オットー・マテという人物であった。マテは時速97kmでコースを飛ぶように走ったのだ。



マテの車は、彼が自分で構造を考えたポルシェベースの少し変わった車で、ファテゼンフリガー(翼上の断片)と呼ばれていた。なぜなら彼は47歳の時バイクで大きな事故を起こし、右手の肘から下が麻痺していたため、左手だけで運転できるような仕様だったからだ。

F1世界チャンピオンのニキ・ラウダはかつて「彼が片腕だけでレースに出た方法には感心したし、彼の有名なアイスカーのスパイクに関しても素晴らしいと思いました」と述べている。

ちなみに、1953年のフェルディナント・ポルシェ記念レースから3年後の1956年には、フォン・ハンシュタインは1500ccクラスでポルシェ550スパイダーに乗ってマテに直接対決を挑んだものの敗北を喫している。

ツェル・アム・ゼーでのレースは氷が薄すぎるという理由で何度か中止にはなりながらも1970年代まで続いていた。しかし、1974年のイベント直前に除雪車が氷を突き破って湖に沈み、人が亡くなる事故があって以降、ツェル・アム・ゼーでのレースは開催されていない。それからしばらくの間このようなイベントが開催されることはなく、モータースポーツにおけるひとつのユニークな章が幕を閉じたのであった。

だが、フェルディナント・ポルシェを讃えるというだけで、イベントはいちだんと魅力的なものなる。エキサイティングな戦いや魅力的なテクノロジー、ヒーローとなる勝者、そして敗者。モータースポーツは素晴らしい文化だ。

したがって、2019年にフェルディナント・ポルシェ・ジュニアとヴィンツェンツ・グレガーが伝統を復活させ、ツェル・アム・ゼー飛行場のトラックでGPアイスレースを開催したことは、そんなに驚くような話ではなかったともいえるだろう。



冒頭で述べたとおり、コロナウイルス対策のガイドラインを守るために観客の動員はなしという違いはあったが、昨年に引き続き今年もイベントは成功を収めた。550スパイダーや911 3.0SC ロスマンズラリー、先日発表されたボクスタ25イヤーズなど新旧バラエティに富んだポルシェが氷上を疾走し、大いに盛り上がりを見せた。またエレクトリックのゴルフRが初公開されたりするなど、サプライズもあった。来年はツェル・アム・ゼー飛行場の滑走路を使ってさらに大規模なイベントの開催が予定されており、今年同様他にもいくつかのサプライズが用意されているそうだ。

詳細に関しては下記のサイトをチェックして頂きたい。
http://www.gpicerace.com/



オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事