ルノー、ルーテシアとキャプチャーの欧州販売台数1位記念キャンペーンを開催

ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は、 昨年11月に発売されたルノー ルーテシアと、今年2月25日(木)に発売されるルノー キャプチャーが、それぞれ欧州で2020年に販売されたBセグメントモデル、そしてSUVモデルで販売台数第1位となったことを記念して、Boseヘッドフォン/イヤー バッズをプレゼントするキャンペーンを、2月22日(月)から実施する。 

新型となったルノー ルーテシアとルノー キャプチャーは共に、インテリア・エクステリアデザイン、プラットフォーム、パワートレーンを刷新し、クラストップレベルの先進運転支援システムを備えた、コンパクトカーの枠を超えた劇的な進化を遂げたモデルだ。 

ルノールーテシアは、先代モデルで好評を得た「LOVE」をテーマとする官能的なエクステリアデザインをベースに、精密さやダイナミズムをもたらす直線や、精緻に作り込まれたディテールによって「革新」されたエクステリアと、人間工学に基づき、広く、機能的で、高い知覚品質により「革命」と言えるほど進化したインテリアを兼ね備えている。ルノー・日産・三菱のアライアンスにより新開発されたモジュラープラットフォームCMF-B プラットフォームの初採用。上位クラスモデルのエンジンに匹敵する高出力 1.3L 直噴ターボエンジンと電子制御 7段AT(7EDC)による、スムーズで余裕のある走り。クラス最高レベルの先進運転支援システムの採用。新型ルノー ルーテシアは、全てが新しくなっている。

ルノー キャプチャーは、アスリートのしなやかな筋肉を彷彿させる躍動的でダイナミックなエクステリアデザイン、選びぬかれたマテリアルによって上質に仕立てられたインテリア、コンパクトでありながら優れた機能性、上位モデルに匹敵する性能を発揮するパワートレーンと新設計プラットフォームがもたらすパワフルで余裕のある走り、そしてドライバーをサポートする最新の運転支援システムと、すべてにおいてコンパクトSUVの枠を超えたモデルである。

このルノー ルーテシアが2020年欧州Bセグメントモデル販売台数第1位に、そして ルノーキャプチャーは2020年欧州SUVモデル販売台数第1位となり、その人気の高さを証明した。 

この2モデルが、2020年欧州販売台数1位となったことを記念し、Boseの高機能ヘッドフォンとイヤーバッズをプレゼントするキャンペーンが実施される。 

新型ルノー ルーテシア、新型ルノー キャプチャーには、世界初の技術を搭載した革新的な小型サブウーファーフレッシュエアスピーカーTM、低域を再生する4つのウーファー、そして高域を再生する4つのトゥイーターの9スピーカーから構成されるBoseサウンドシステムが搭載されており(一部グレードを除く)、運転中も立体的な音響効果による高音質な音楽を楽しむことが できる。 

* 台数はJATODynamicsLtd調べ/欧州27か国での販売台数 



【ルーテシア、キャプチャー欧州販売台数 No.1 キャンペーン概要】 
キャンペーン名称: ルーテシア、キャプチャー欧州販売台数No.1キャンペーン 実施期間: 2月22日(月)11:00から3月21日(日)23:59まで 
応募方法: 実施期間中に、ルノー・ジャポンニュースレターの購読登録のうえ、 ルノー・ジャポン ホームページのキャンペーン応募用ページから応募。 
※すでにニュースレターを購読されている方も、本キャンペーンに応募できます。 応募資格:日本国内にお住まいの満18歳以上の方、メールアドレスをお持ちの方。 
賞品: Bose Noise Cancelling Headphones 700(ブラック) 3 名様 Bose QuietComfort® Earbuds(ブラック) 5 名様 
キャンペーンページ URL: https://www.renault.jp/information/campaign/lp/2102-no1cp.html 

【Bose について】 
ボーズ・コーポレーションは 1964年、マサチューセッツ工科大学の教授であったアマー ボーズ博士によって設立された。お客様へ真に貢献できる、新たなテクノロジーを生み出す。このたった一つの命題のもと、創立から今日に至るまでたゆまぬ研究開発を続けている。 

永年の研究開発の成果でもあるボーズの革新的な技術は、さまざまな分野において新たなカテゴリーを創造してきた。近年では、家庭用オーディオ、モバイルオーディオ、専用カーオーディオや公共空間における音響システムなど、ボーズはそのカテゴリーを象徴するブランドとして知られている。その研究成果は音と過ごすライフスタイルそのものに変化をもたらしてきた。 

ボーズは株式を公開することなく利益を研究開発に再投資する。発明の精神、常に卓越した場所を目指す情熱。ボーズのこうした哲学から生み出される研究成果を通じて、世界中のどんな場所でも感動体験を提供し続けていくことを約束する。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事