ハーレーダビッドソン初のアドベンチャーツーリングモデルが新登場!

harley davidson

ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:野田一夫)は2月24日(水)より、ハーレー初のアドベンチャーツーリングモデル、「パン アメリカ 1250」、「パン アメリカ 1250 スペシャル」の国内予約販売を、全国の正規ディーラーにて開始する。希望小売価格は、「パン アメリカ 1250」が2,310,000円~、「パン アメリカ 1250 スペシャル」は2,731,300円~(いずれも消費税込)だ。

2つのモデルは新開発の水冷1,250ccの大排気量Vツイン・レボリューションマックス1250エンジンを搭載している。 モーターサイクル全体の重量を最小限に抑えるために、このエンジンはシャシーの中心に組み込まれ、オフロード走行に適したスムーズなローエンドトルクと、低速スロットル・コントロールに重点を置いた特別チューニングも施されている。タッチパネルを用いて複数の走行モードが選択できる他、コーナリング安全機能の強化など、ライディング体験を向上させるために設計された新技術も多く採用されている。

「パン アメリカ 1250 スペシャル」には、電子制御式のセミアクティブフロント&リアサスペンションを標準装備している。 モーターサイクルに搭載されたセンサーのデータを利用し、路面や走行状況に合わせて自動的に減衰力をコントロールする。このプログレッシブシステムによって、オンロードでの快適な乗り心地を維持しながら、オフロードでも優れたサポートを提供するのだ。またシート高の自動調節機能 “アダプティブライドハイト(ARH)”も標準装備し、走行中の安定と停車時の快適な足つきを両立している。

アメリカでデザイン・製造された初のアドベンチャーツーリング「パン アメリカ 1250」と「パン アメリカ 1250 スペシャル」は、 2021年5月の北米を皮切りに順次各国へ出荷し、日本のカスタマーには7月頃より納車が可能となる見込みだ。


●パン アメリカ 1250 | 冒険を楽しむライダーへデザインされた、頑丈でパワフルな先進多目的モーターサイクル


軽量水冷Vツイン・レボリューションマックス1250エンジンと、最適化されたシャシー

新開発のエンジンは、1250ccのハイパワーとパワートレインの軽量化を両立している。 9,500rpmまで許容(レブリミット)し、最大トルクは128Nm/6,750rpm、圧縮比は13:1だ。 フロントフレーム、ミッドフレーム、テールセクションの3つの要素が、パワートレインに直接ボルトで固定された設計により、モーターサイクルの重量を軽減し、従来のフレームを排除しながらも剛性の高いシャシーを実現して、正確なハンドリングにも貢献している。ツーリング(特に同乗者と荷物を積んだ状態)に最適化され、オフロードでの操縦性に必要な俊敏なハンドリングを提供している。



タッチパネル・ディスプレイと、選択可能な走行モード

「パン アメリカ 1250」は、6.8インチTFTタッチスクリーンを搭載している。無反射ガラスカバーを採用し、殆どの照明条件で見やすく設計されている(走行中のタッチ操作は無効となる)。ディスプレイでは燃料や速度表示等に加え、モーターサイクルのテクノロジー介入レベルを電子制御することで複数の走行モード選択も可能だ。

ダイレクトで直感的なパフォーマンスライディングを実現する「スポーツモード」、日常使用に最適なバランス重視の「ロードモード」、荒天時等に最適な安全性能重視の「レインモード」、未舗装路や中程度のオフロードシチュエーション向けに設計された 「オフロードモード」、前輪を持ち上げ障害物をクリアするなど高難度オフロード向けの「オフロード+モード」に加え、ライダー自身が自分好みにアレンジ可能な「カスタムモード」も登録することができる。



ハーレーダビッドソンの先進安全技術『RDRSセーフティーエンハンスメンツ』

先進安全技術『RDRSセーフティーエンハンスメンツ』(旧称:RDRS)を搭載している。加速時、減速時、ブレーキング時のトラクションに応じてモーターサイクルの性能を調整するために設計された一連の技術は、悪路走破時や予期せぬ状況での走行時に、 アクセルを踏んだりブレーキをかけたりする際、ライダーがモーターサイクルを制御するのを助けるように設計されている。



ブレンボブレーキ

ハーレーダビッドソンはブレンボと共に、全く新しいブレーキシステムを共同開発した。新しいラジアルモノブロック4ピストン(30mm)キャリパーは、素材の特性を最大限に活用し、全体の重量を軽減しながら剛性を高めている。デュアルフロントブレーキローターは320mm径、シングルリアブレーキローターは280mm径。軽量化された新型フロントブレーキマスターシリンダーは、レバーのレスポンスを調整可能だ。

■モデル名: 「パン アメリカ 1250」

■車両本体価格(消費税込)とカラー: 2,310,000円(ビビッドブラック)、 2,339,700円(リバーロックグレー)

■全長:2,265mm ■ホイールベース:1,580mm ■シート高(*無負荷状 態):890mm ■車両重量:245kg ■レーク・トレール:25°157mm ■ フューエルタンク容量:21.2L ■フロントタイヤ:120/70R19 60V ■リアタ イヤ:170/60R17 72V ■フロント・リアブレーキ:デュアル・シングル■ Revolution® Max 1250(排気量:1,252cc)




●パン アメリカ 1250 スペシャル | 以下の専用機能を追加したプレミアム・アドベンチャー・ツーリング


セミアクティブ フロント&リアサスペンション(ビークルロードコントロール付)

電子調整式のこのサスペンションシステムは、センサーのデータを利用して、減衰力を自動的にコントロールする。SHOWA製部品を基に、制御ソフトをハーレー ダビッドソンが開発している。選択した走行モードに加えて、サスペンション位置、車速、モーターサイクルの垂直加速度、ロール角、ロールレート、ライダーがかける スロットル、ブレーキトルクに反応し、モーターサイクルの快適性を維持する。 またビークルロードコントロールは、ライダー、同乗者、荷物の重量を感知し、リアのプリロードを自動調整して最適なサスペンションのたるみを選択してくれる。



アダプティブライドハイト(ARH)

静止・停車中にシート高を低くし、走行中は最適な車高の間で自動的に切り替えを提供する業界初の新技術だ。この画期的なシステムにより、アドベンチャーバイクに起こりがちな“停車時の足つきの悪さ”を改善している(上述のサスペンションにARHが加わることで、ライダー、同乗者、荷物の重量を感知・自動調整して最適な車高を決定する)。シート高はローポジションで830mm(32.7インチ)、ハイで 873mm(34.4インチ)となる。ライダー自身が選択可能な5つのサブモードも有し、シーンや好みに応じた車高調整も可能だ。



ライダーの安全をさらに強力サポート

タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)は、現在のフロントとリアのタイヤ空気圧をディスプレイ画面に表示し、空気圧が低くなるとライダーに警告するインジケーターを表示してくれる。また鋼管状のブラシガードは、ラジエーターを保護し、転倒時にモーターサイクルをサポートするように設計されている。アルミ製の頑丈なスキッドプレートは、衝撃からエンジンのクランクケースを保護するように設計されている。



センタースタンドとマルチポジションリアブレーキペダル

自宅やバックカントリーでのメンテナンスやタイヤ交換を容易にしてくれるセンタースタンドが付帯する。また、工具を使わずに、リアブレーキのフットペダルの高さを2つの位置に変更することができ、オフロード走行中などライダーが立っているときの コントロール性と快適性を向上させている。これによりモーターサイクルの制御性が向上し、ライダーの前方トレイルの視界も向上する。



その他

「パン アメリカ 1250 スペシャル」は、デイメーカーシグネチャーアダプティブヘッドランプ、 ヒーター付きハンドグリップとハンドウィンドディフレクター、ステアリングダンパーも装備。日本標準のスポークホイールのほか、キャストホイールも選択可能予定だ。

■モデル名: 「パン アメリカ 1250 スペシャル」

■車両本体価格(消費税込)とカラー: 2,731,300円(ビビッドブラック)、 2,761,000円(ガントグレーメタリック、デッドウッドグリーン)、2,786,300円 (バハオレンジ/ストーンウォッシュホワイト)

■全長:2,265mm ■ホイールベース:1,580mm ■シート高(*無負荷状 態):830mm ■車両重量:258kg ■レーク・トレール:25°157mm ■ フューエルタンク容量:21.2L ■フロントタイヤ:120/70R19 60V ■リアタ イヤ:170/60R17 72V ■フロント・リアブレーキ:デュアル・シングル■ Revolution® Max 1250(排気量:1,252cc)



実車を眺めて・跨れるチャンス!全国のハーレーダビッドソン正規ディーラー等で先行展示を2/26~順次開催!

ハーレー初のアドベンチャーツーリングモデルのデビューを記念し、下記の日程で実車先行展示を全国で実施します。 お近くの店頭やイベント等で、「パン アメリカ 1250」や「パン アメリカ 1250 スペシャル」の迫力を是非お感じください。

2月26日(金)~28日(日)

H-D アクティブ、H-D 熊本、H-D 佐賀(S)、H-D レイクウッド(S)

2月26日(金)~3月8日(月)

そごう横浜店5階特設スペース (S)*1

3月5日(金)~7日(日)

H-D 博多、H-D 山口、H-D バルコム広島(S)、H-D 宮城(S)

3月12日(金)~14日(日)

H-D 倉敷、H-D 姫路、H-D ブルーパンサー

3月13日(土)~14日(日)

2021北海道モーターサイクルショウ (会場:アクセス札幌) (S) *2

3月19日(金)~21日(日)

H-D 浜松、H-D 豊橋、H-D 沼津(S)、H-D MJM 札幌、H-D 帯広(S)

3月26日(金)~28日(日)

H-D 中川、H-D 国立、H-D 高崎、H-D 塚原(S)、H-D 埼玉花園(S)

3月28日(日)

インポートモーターサイクル FUN&RIDE 2021*2

(会場:GLION MUSEUM 隣接特設会場)(S)

4月2日(金)~4日(日)

H-D 箕面、H-D 南大阪、H-D プラザ伊丹(S)、

H-D シティ川越、H-D 茨城南(S)

4月9日(金)~11日(日)

H-D 石川、H-D 幕張(S)、H-D 滋賀(S)

4月16日(金)~18日(日)

H-D 横浜、H-D 東久留米、H-D 三鷹(S)、H-D 足立、H-D シティ柏(S)

          

 ※ (S)印のつく各店等には「パン アメリカ 1250 スペシャル」が、無印の各店には「パン アメリカ 1250」が展示予定です。展示日なら びに車両については、予告なく変更となる場合があります。

※ 表中のH-Dはハーレーダビッドソン(正規ディーラー)を指します。お近くの店舗と詳しい住所等については、ディーラー検索ページ ( https://h-d.jp/dl/ )を是非ご活用ください。

*1 メイド・イン・ジャパンで復活した伝説のアウトドアブランド「MOSSTENTS」と「バイカーズパラダイス南箱根」のコラボレーションによって誕生 したソロテントの特別公開と合わせ車両展示を行います。期間中の営業時間など催しの詳細は、そこう横浜店(TEL: 045(465)2111)まで。

 *2 イベント内での展示となります。開催概要ほか詳細については、主催者へお問い合わせ下さい。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事