センサーを備えたピレリCyber Tyreがマクラーレン アルトゥーラに初の標準装備

Pirelli

車と通信することのできるセンサーを備えたピレリのタイヤが、初めて標準装着された。このピレリCyber Tyreシステムでは、安全に走行するために必要な様々なデータをタイヤが収集し、車両のコンピュータ・ソフトウェアへ伝達する。ハイブリッド・スーパーカーのマクラーレン・アルトゥーラにセンサー付きタイヤのテクノロジーが装備されることで、その安全性はさらに高まり、個々のドライバーの運転スタイルを学習する機能を兼ね備えることもできる。

Cyber Tyreテクノロジーは、いわゆるタイヤの「パスポート」として、車やドライバーに多くの情報を提供する。具体的には、ウィンターやサマーといったタイヤの種類、タイヤに表示された空気圧、ロードインデックス、スピードレーティング、さらには実際に走行中のタイヤの温度や空気圧の情報を車やドライバーに知らせる。

ピレリのCyber Tyre は、安全に走行するために、極めて重要なタイヤの温度や空気圧を常にモニターし、リアルタイムに情報を与える。センサーは、ホイールではなくタイヤに直接付いているため、従来のバルブに付いたセンサーと比べて、より高い精度の情報を提供することが可能。センサーからのデータは、車両の制御システムに統合されているピレリが開発したソフトウェアで処理される。それらの情報の一部は、車のダッシュボードにあるセンターディスプレイで見ることができる。

またその他にも、常時タイヤの走行状態を正確に車両の制御システムへ伝えることができるため、ドライバーへの警報システムとして使用することができるのだ。



ピレリCyber Tyreシステムは、安全に走行を続けるためにタイヤの空気圧をチェックする必要があることをドライバーに警告する。また、サマータイヤをウィンタータイヤに交換した場合、規定の最高速度は変わる。このシステムは、装着されたタイヤが最高速度まで到達すると、ドライバーに警報を発する。Cyber Tyreの機能は、カーメーカーによって車両モデルごとに選択される。オンボードのヴァーチャル・レースエンジニアMcLaren社の場合、いくつかの機能がレーストラックでの走行用に特別に選択されている。

例えば、ピレリCyber Tyreによって、ドライバーは、各々のドライビングスタイルに基づき、トラックでのパフォーマンスを向上させるためにタイヤの空気圧を調整が可能。その結果、受信するアラートもドライバーごとに変化する。そして、タイヤが最適な温度に達した時点でドライバーに通知することが可能なことから、ドライバーは適正なウィンドウにアクセスし、車両とタイヤパッケージから最大限のパフォーマンスを引き出すことができる。また、タイヤを冷やす必要がある時も知らせてくれる。それは、あたかも的確な指示を与えてくれるレースエンジニアが同乗しているようなものである。

ピレリのエンジニアは、McLaren社のエンジニアと協業でMcLaren Artura用にフロント235/35ZR19、リア295/35 R20のP Zeroタイヤを開発した。このタイヤは非対称パターンを採用して、優れたブレーキ性能を提供し、どのような走行状態にあっても、車両の挙動をコントロールする。

特にウェット状態で優れた性能を発揮する。P Zero Corsaは、一般道と特にレーストラックを走行するために開発されたタイヤで、モータースポーツで培われたコンパウンド技術が採用されている。ウィンタータイヤとしては、マクラーレン アルトゥーラ専用に開発されたコンパウンドとトレッドパターンを採用したP Zero Winterが、P Zeroサマータイヤに近い性能を発揮する。

このシステムを採用することで、グリップの低下、ハイドロプレーニングの発生といった、危険な状態を検知あるいは予測することができるため、車両の制御システムが即座に対応することができる。

今後の取り組みとして、タイヤが他の車や周りのインフラとコネクテッドされることを目指す。2019年11月にピレリは、他のタイヤメーカーに先駆けて、センサー付きインテリジェントタイヤによって5G networkに路面状況の情報を提供することに成功した。これは、イタリア・トリノで開催された “world-first 5G enhanced ADAS (Advanced Driver Assistance Systems) services”のイベント会場で展示された。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事