記録的な金額も!ランボルギーニのクラシックモデルの好調

RM Sotheby's

RMサザビーズ・パリ・オークションで、アウトモビリ・ランボルギーニの最もアイコニックな2台のヒストリックカーが記録的な金額で落札された。

今回この著名なオークションハウスで落札されたのはシャシーナンバー 4840の1971年製 ミウラSVとシャシーナンバー 1120262の1977年製カウンタック LP400である。



どちらにも波乱に満ちた経歴があり、長年の間にメカニカルと外観に変更が加えられていた。2台ともランボルギーニのトップエキスパートによるレストアを終え、ミウラSVはランボルギーニ・ポロストリコの認定も受けている。



ポロストリコを統括するアウトモビリ・ランボルギーニ アフターセールス部門代表であるパオロ・ガブリエッリは次のようにコメントした。「これは大変光栄なことですが、明確なトレンドを裏付けるものであり、意外な結果ではありません。車に独創性を求める世界のトップコレクターはヒストリック・ランボルギーニに対してますます関心を抱くようになっています。ポロストリコのレストア・プログラムでは、アドバイスや資料、オリジナルパーツの提供を通して独立系のトップスペシャリストを支援すると共に、最高水準および品質のレストア車の入手も可能で、コレクターとマーケットから高い評価を受けています」

ポロストリコの認定を受けたミウラSVは150台生産されたうちの1台で、当初「イオタ」に改造されていたが、後のレストアでオリジナルの姿へと戻っている。落札価格は240万(2,423,750)ユーロで、これを超える金額は昨年9月にロンドンのグッディング&カンパニーで落札された1台しかない。

400GT 2+2

カウンタックLP400は歌手ロッド・スチュワートが所有していたもので、157台生産されたうちの1台。これも何度か改造(ルーフの取り外しを含む)されていたが、オリジナル仕様にレストアされ、77万5000ユーロで落札された。他に出品されたヴィンテージ・ランボルギーニの落札結果も好調で、シャシーナンバー 0817の1967年製400GT 2+2は47万7500ユーロ、シャシーナンバー 7051の1968年製エスパーダは17万3000ユーロ、ヤングタイマーのムルシエラゴ LP640-4 Versace E-gearは14万9500ユーロで落札された。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事