極めて特別な一台!歴史に残る人物が所有していたシェルビー

worldwide auctioneers

シェルビー・コブラ デイトナと同じ血統を持つアメリカ車はほとんどない。ピート・ブロックによって設計されたこの伝説的なレーサーは、オークションで驚きの落札額が付けられることで知られている。その中でも、極めて特別な一台がオークションに出品される。それは、キャロル・シェルビーが所有していたというシェルビー・コブラ デイトナだ。

ピーター・ブロックはこの車の設計に情熱を注いでおり、ファクトリーでは彼自身が一台一台その工程を注意深く見守っていたそうだ。設計にかかったのはわずか90日といわれている。フェラーリ250 GTOなどのイタリアのライバルと戦うために特別に作られたもので、シェルビー・アメリカンが1965年にGTクラスのFIA国際チャンピオンシップを獲得した最初のアメリカンメーカーになることに貢献した。



ワールドワイドオークションによって出品されるこの1965年 シェルビー・コブラ デイトナクーペ(シャシーナンバー CSX 2469)は、シェルビー自身が所有し、フィル・ヒル、ジョン・モートン、ブライアン・レッドマンなど、アメリカの偉大なドライバーによってドライブされた経歴を含む、豊富なレースヒストリーを持つ極めて特別な存在だ。デレック・ベルは2003年にモントレーのラグナセカでステアリングを握っている。



シャシーナンバー CSX2469は、現在の所有者がキャロル・シェルビーから購入したものである。最初はカリフォルニア州ベニスで生産されたが、すぐにイタリア・モデナにあるカロッツェリアグランスポーツにわたっている。



この一台は、オリジナルの4.7リッター V8エンジンを搭載し、クラシックな青と白のエクステリアデザインを身にまとっている。インテリアは、薄い縁のウッド製ステアリングホイール、合金ペダル、クラシックなアナログスイッチとダイヤルを備えている。コレクターによっては、非常に望ましい一台であることは間違いないが、高価で落札されることも確実だろう。推定落札価格は公表されていないため、最終結果が楽しみである。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事