「車は自分を写す鏡となる」ハリウッド級のカーコレクションを持つ男 アーミン・ポール

Porsche AG

壮大な視覚効果を生み出す映像作品を作ったことでエミー賞(アメリカで放送される優れたテレビドラマ、番組、テレビ業界の功績に与えられる賞)を獲得したこともあるマッケヴィジョン社のCEO、アーミン・ポール。映像制作業界では3D視覚化のプロフェッショナルとしてよく知られているアーミンだが、現在の彼の関心はもっぱら928GTSをはじめとした車のコレクションに向けられている。

かつてコンクリートブロックを作っていた工場跡の1階ホールには、自動車の歴史を体現するかのように20台以上のクラシックカーが並び、時代を超えた壮大な景色が広がっている。それを満足そうに眺めるアーミンは「娘たちは私が未来に住んでいるというんです」と話す。

未来と過去、世界的な影響力と家庭への愛情、デジタル化と伝統的な職人技。真逆のものが融合するのは彼にとって大きな喜びなのである。



マッケヴィジョンの本社はドイツの都市シュトゥットガルトにあるのだが、今、彼にとってシュトゥットガルト=彼のカーコレクションの本拠地になりつつある。25年間ビジネスで成功し続けてきたポールは、54歳になると責任者を退任し、第一線を退いた。現在は彼の娘たちの要望もあり、プライベートを優先する生活を送っている。


「過去20年間の技術開発で驚くことはそんなにありませんでした」と彼は言う。学生の頃車の絵を描くのが大好きだった彼は、デジタル画像処理と3Dアプリケーションに計り知れない可能性があることをすぐに見抜いた。そして仮想現実がすぐに身近になると考えたポールは、仮想現実の草創期から開発に手を貸していたのである。

「この技術がすべてを変えるコンテンツになることは自明でした」と彼は話す。

ポールの先見の明のおかげでマッケヴィジョン社は国際舞台でもブレイクスルーを果たした。2018年からマッケヴィジョンはアクセンチュアインタラクティブの一部となっている。競合他社が登場するかなり前から、マッケヴィジョンはデジタルマーケティングの世界を生み出すことを専門としてきた。現在ではポルシェや他の高級車メーカーの3D写真や動画の作成などを請け負っている。広告、チラシ、デジタルコンフィギュレーターで使われているCG画像は、もはや現実よりもリアルに見えるほど完璧だ。

「論理と魔法が出会う場所」

ポールは自身の作品をこのように表現する。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事