カワサキからZフラッグシップモデルの新たなラインナップ「Z H2 SE」新登場

kawasaki

カワサキモータースジャパンは、ZシリーズのNEWモデル「Z H2 SE」を2021年4月1日(木)に新発売する。

バランス型スーパーチャージドエンジンと、次世代の「SUGOMI」スタイリングで高い評価を得ている「Z H2」に新たなラインナップ「Z H2 SE」登場。スタンダードモデルが持つ圧倒的なパワーとコントロール性の究極の両立を維持しながら、KECS(カワサキ電子制御サスペンション)を装備。ショーワのスカイフックテクノロジーを実装する前後の新しい電子制御サスペンションは、よりスムーズな乗り心地をもたらし、快適性と楽しさの向上に貢献する。また、ブレンボのStylemaとマスターシリンダーを採用したフロントブレーキコンポーネントは、制動力とコントロール性をさらに向上させ、スーパーチャージドフラッグシップZの魅力をより高めている。



◇Z H2からの変更点
・0.001秒という非常に速い反応速度で、路面や走行状況にリアルタイムで適応し、理想的な減衰力を提供するKECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)
・レインモードでの走行安定性が向上するショーワのスカイフックEERA(電子制御ライドアジャスト)テクノロジー
・より強力な制動性能と高いコントロール性を生み出すブレンボ製Stylemaモノブロックキャリパーとブレンボフロントマスターシリンダーを装備したフロントブレーキパッケージ






■その他の主な特長
・最大出力147Kw(200PS)のバランス型スーパーチャージドエンジン
・低中速走行時の操縦性と高速域走行時の安定性のバランスが良い専用設計のトレリスフレーム
・スーパーネイキッドらしい野生味を視覚化したSUGOMIデザイン
・ネイキッドの特徴を生かし、スーパーチャージドエンジンをあえて見せるレイアウト
・スーパーチャージドエンジンの搭載を象徴するエアインテークにあしらわれた銀鏡塗装
・操縦性と快適性を両立するアップライトなライディングポジション
・KTRC、パワーモード、それらを一元的に管理するインテグレーテッドライディングモード
・常に車体姿勢を検知してKIBSやKTRCへ情報をフィードバックするボッシュ社製IMU
・トラクションとブレーキングの情報を統合管理するKCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)
・きめ細やかな油圧制御でホイールのロックを抑制するKIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)
・クラッチ操作なしでシフトチェンジを可能にするKQS(カワサキクイックシフター)
・設定したスピードでの巡航を可能にするエレクトロニッククルーズコントロール
・さまざまな車両情報を表示するフルカラーTFT液晶スクリーン搭載インストゥルメントパネル
・Bluetoothでつながるスマートフォン接続機能
 

メーカー希望小売価格 2,178,000円(税込)
※カワサキケア含む
カラー メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン
発売予定日 2021年4月1日(木)
販売店 カワサキ プラザ
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはABS装着車です。
※当モデルはETC2.0標準装備車です。
※消費税率10%に基づく価格を表示しております。
※当モデルは「カワサキケアモデル」です。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事