「タイのトスカーナ」一度は行ってみたいおすすめドライビングルート!

Porsche AG

ポルシェが送る、「サンデー・ドライブ・シリーズ」。映画監督でポルシェのミーティングイベント ダストレッフェンの主催者でもあるテン・スームサイが、タイ北部の人里離れた森の中を高地からループして走る。

バンコクを拠点に活動する映画監督は、ポルシェへの情熱とオープンロードへの愛を持っている。彼は、タイのポルシェコミュニティをほぼひとりで成長させ、母国バンコクで人気の高いドライブインイベント「Das Treffen(The Meeting)」を立ち上げ、モダンなものからクラシックなものまで、様々なジャンルのポルシェ愛好家が集まっている。

しかし、テンと彼の友人たちにとって、南部の混雑と暑さを逃れてタイ北部の人里離れたナンの山に行くことほど素晴らしいことはない。

「私の絶対的なお気に入りのドライビングロードは、北の方にあります」とテンは言う。「ナン-ボー・クルアと呼ばれるループで、いくつかの理由から最近は私のお気に入りのルートです。第一に、この道は交通の便が非常に良い。第二に、新しい道なので、路面がとても良いということです」



このループはナンの北側から始まり、1256号線に沿ってジグザグに急登し、ボー・クルア地区の山々に入り、ラオスとの国境に向かって東に向かって進む。その際には、様々な希少種や絶滅危惧種の樹木や植物が生息し、そのピークは海抜約2kmに達するドイ・プーカー国立公園も通過する。

「ループは約300kmです。通常は朝9時頃に出発して、3時間後にボー・クルーアで昼食をとる。朝のドライブには最適です」。帰りのルートは、山を越えて再び1081号線の壮大なループを走り、最終的にはナンのスタート地点に戻ってくる。

「ドライブ中の景色が全く違うんですよ」とテンは説明する。「ある部分は典型的な東南アジアの森で、とても鬱蒼としていて緑が多いのですが、そこを通ると開けた草原になり、遠くに山が見えてきます。本当に美しいですよ」



この地域は人里離れた場所にもかかわらず、車とドライバーの両方に燃料を補給することができる場所がいくつかある。「この地域は農業があまり盛んではないので、大きなトラックが常に上り下りしているわけではありません。つまり、長年にわたって道路はほぼ完璧な状態を保ってきたということです。ほとんどがBロードのような2車線道路で、カーブが多く、美しい景色を楽しむことができます。コーヒーを飲むために立ち寄ることができる小さなカフェもあります。本当に絵に描いたような景色です。今ではタイのトスカーナと呼ばれています」



オフシーズンは、タイでのドライブ旅行に最適な季節である。タイで長いドライブ旅行をする際には、時間を選ぶことが重要となる。「景色を最大限に楽しむために、天気が晴れている冬に行くことが多いです。夏は暑すぎるので、11月から2月の間に行くことをお勧めします。もちろん、涼しい気候の方が空冷ポルシェには適しています」

テンは1966年製の美しい911 SWBを所有していることを誇りに思っている。「この車は私のお気に入りの車で、今までに4、5回はここへ訪れました。道は狭くてタイトなので、操縦性の高いクラシック911が適しています」

熱帯林の間からたまに見える景色がこれまた素晴らしいのだという。タイのトスカーナ。ロードトリップでタイ旅行の思い出にしてみるのもいいかもしれない。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事