ストライプが印象的!鏡のようなブロンズ製のシェルビー・コブラ

RM Sotheby's

このエキゾチックで魅力的な1965年 シェルビー427 S/Cコブラ "4000シリーズ "は、いわゆる継続車としてシャシーナンバー CSX 4602が付けられた、カークハム社製のブロンズ製ボディを持つ希少な例である。「ル・マン」ブラッシュドストライプが、鏡のように磨き上げられた表面を二分しており、目を引くアクセントとなっている。

CSX 4602のボンネットの下には、キャロル・シェルビー・エンジン・カンパニーのハンドメイドで造られた468立方インチ 427 FE V8エンジンが搭載されており、ストローカークランクシャフト、マーレ合金製パワーパックピストン、カスタム研磨された油圧ローラーカム、シェルビー製アルミヘッド、シェルビー製アルミインテーク、ホーリー850HPダブルパンパーキャブレターを搭載している。



工場出荷時の定格出力は550hp、580lbftのトルクを誇り、5速マニュアルトランスミッションを介して後輪にパワーを伝達する。驚異的なスピードでトップスピードに押し上げることができる。

15インチのハライブランドスタイルのノックオフアロイホイールには、グッドイヤーイーグルのビルボードタイヤが装着されている。このコブラの各コーナーは、独立したサスペンションアセンブリによって支えられており、あらゆる走行条件でグリップを最大化し、シャシーの強力なディスクブレーキと連動している。



磨き上げられたステンレススチール製のサイドエキゾーストパイプの下には、ブラックレザーを使用した当時のようなバケット用のラップベルトが取り付けられている。運転席にはショルダーハーネスが装備されている。革張りのダッシュボードには、ユタ州オーレムのスピードハット社製のメーター類が装備され、その前にはウッドリムステアリングホイールが取り付けられている。安全面では、キャビンのファイアウォールに火災抑制システムが取り付けられ、運転席のすぐ後ろにはクロームメッキのロールバーが備えられている。



1965年に427コブラが登場して以来、そのデザインとパワーは才能のあるドライバーたちをも圧倒させてきた。CSX 4602は、間違いなく今でも驚異的なパワーを発揮するはずだが、それ以上に重要なのはこの目を見張るような姿である。CSX 4602は息を呑むような性能と外観を持ち合わせており、見事な銅製のボディワークは、大胆な現代彫刻とすらいえる。

購入したオーナーが実際に走らせるか、ひとつのオブジェとして所有するかは分からないが、47万5000ドル(約5130万円)で売りに出されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事