「人間の自動車への憧れをコンセプトに」メタリックゴールドに輝く未来的なアルファロメオ

RM Sothebys

アルファロメオは1966年末、モントリオールで開催される万国博覧会に向けて、人間の自動車への憧れをコンセプトにした作品を製作することになった。そこで、ベルトーネにコーチワークを依頼し、ランボルギーニ・ミウラで一躍脚光を浴びた若きデザイナー、マルチェロ・ガンディーニによってプロジェクトの指揮が執られた。

展覧会のために2台の同じプロトタイプが用意されたが、ガンディーニは期待を裏切らなかった。新しく発表されたアルファは、ミウラを革新的なものにした多くの要素を取り入れ、ワイドでロー、そしてサメのようなノーズがカーブしたフェンダーとショルダーラインを経て、切り詰められたテールへと伸びていた。ヘッドライトの "ブラインド "やCピラーに設けられた水平方向のベントは、魅力的であると同時に未来的なコンセプトでもあった。



顧客の強い関心を受けて、アルファは市販車の開発に着手したが、博覧会のショーカーと同様、定評ある105シリーズのシャシーをベースにしていた。しかし、このモデルのエンジンには新たな方向性が示されていた。105のツインカム直列4気筒ではなく、アルファのエンジニアは、ティーポ33ストラダーレのプロトタイプ・レースカーに搭載されていた競技用に開発されたV型8気筒の改良版を搭載した。アルミ合金製、デュアルオーバーヘッドカム、ドライサンプ潤滑システムを採用したこの先進的なレーシングエンジンは、アルファのロードカーとしては前例のないパワーを新型のプロダクションモデルにもたらした。



こうして1971年から1975年にかけて、わずか3,925台が生産されたモントリオール。偉大なマルチェロ・ガンディーニの履歴書に記された画期的なデザインには、アルファロメオの最も伝説的なモーターが搭載されており、モントリオールは1970年代のミラノを代表するロードカーに成長したといっても過言ではない。

このユニークなカラーのモントリオールは、1973年10月29日に製造され、1973年11月6日にブリュッセルのアルファロメオ・ベルギーに販売された。2015年に購入したオーナーが完全にレストアすることを決めた。エンジンはフランスの専門家によって完全にリビルドされ、オリジナルのAR 826「オーロ メタリザート(メタリックゴールド)」に再塗装された。ブレーキとサスペンションもアルファホリックのファストロード仕様にアップグレードされ、フロントには4ピストンキャリパーが装着され、大型のアンチロールバー、専用のスプリングとショックアブソーバーからなるハンドリングキットが装着された。





その後さらに、アルファロメオ・モントリオールのスペシャリストであるSuper Engineering Ltd.に依頼され、細部の改良・リペアを施され、完璧な状態に仕上げられた。このモントリオールは、理想的なドライビングプレジャーを提供すると同時に、ショーに登場するに相応しい美しさを持ち合わせている。魅力的な一台にも関わらず、2020年に開催されたオークションで流札となり、7万5000~9万ユーロの推定落札価格で現在も出品されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事