レギュレーションの呪縛から解放されたマシン マクラーレン720GT3X

McLaren

ノーマルのマクラーレン720sでは物足りない! 720馬力を誇るマクラーレンのスーパーカーに乗ってそのような感想を抱く人もなかなか少ないかとは思うが、マクラーレンはそんな刺激を追い求めるカスタマーにもちゃんとふさわしいモデルを用意している。

マクラーレンはGT3カーをベースにした720sのトラック専用モデル「720GT3X」を発表した。マクラーレン・オフィシャルチャンネルで動画が2月23日に限定公開されたのみで、あまり大々的には発表されていない。



GT3のレギュレーションから解放されたGT3Xは、ノーマルの720sよりも全てがパワフルだ。マクラーレンは720GT3Xが通常のGT3よりも「かなり速い」ラップタイムを刻めるという。

しかしマクラーレンはこの主張を裏付けるような具体的なタイムなどの発表はしていない。ノーマルの720sは0-100km/hを2.8秒で加速し、最高時速は341km/hだ。少なくともこの結果を上回るのは確実だ。



GT3同様、GT3Xはハンドメイドのマクラーレン製4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。GT3はレギュレーションにより馬力は500hp程度に抑えられているが、GT3Xは完全に自由なレーシングカーであるため710hpを発揮するようにアップグレードされている。さらに「プッシュトゥパス」ボタンを押すことで、出力が最大30hpアップする。このパフォーマンスを最適化するために、タービンやマニホールドシリンダーヘッド、冷却システムなどがGT3からアップグレードされた。



このマシンの核となるのは、720sやGT3と同じカーボンファイバーMonoCageIIモノコックシャーシだ。またフロントのダイビングプレーン、リアウィングとリアディフューザーの大きさにはGT3との違いが見られる。さらにコイルオーバースプリングを備えているため、ダンパーが調整可能で、GT3のアクティブサスペンションと相まって足回りもかなり優秀なマシンであることは間違いない。



内装を見るとロールケージが追加されGT3X専用デザインとなっている。また、720GT3にはシートは1つしかないが、GT3Xには助手席も追加されている。



720GT3Xの価格は発表されていないが、GT3が約6100万円だということを考えるとそれよりも高価になることが予想される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事