歴史ある立地にふさわしい独自のコンセプト│グッチ並木 フラッグシップショップをオープン

gucci

グッチが2021年4月29日に東京・銀座で2店目のフラッグシップショップとなる「グッチ並木」をオープンする。

グッチ並木は、1964年にグッチが初めて日本での展開をスタートした地である並木通りに位置し、歴史ある立地にふさわしい独自のコンセプトのもと、本物の価値を求めるカスタマーに厳選した製品と、エクスクルーシブなオーダーメイドのサービスを提供するショップとして誕生する。4フロアからなるその空間は、コンテンポラリーなアプローチでラグジュアリーファッションの定義を刷新するアレッサンドロ・ミケーレのクリエイティブ・ビジョンを体現する拠点となり、それぞれに異なる体験を生み出す3つの物語が順に幕を開けていく。





 4月29日にオープンするのは1階と2階の2フロアにわたるショップスペース。グッチの最新コレクションより、メンズおよびウィメンズのウェアから、ハンドバッグ、ラゲージ、アクセサリー、シューズ、ジュエリー、ウォッチ、アイウェア、フレグランス、グッチデコールコレクションまで、フルカテゴリーを展開する。さらに、プレシャスレザーで仕立てたハンドバッグや、1点もののハイジュエリーといった逸品を取り揃える。

また、グッチ並木のオープンを祝して、長年にわたりグッチとのコラボレーションを手がけている日本人アーティスト、ヒグチユウコ氏がオリジナル作品を描き下ろした。その美しいイラストに彩られた限定コレクションが発売されるとともに、ヒグチユウコ氏によるスペシャルなアートワークが並木通りに面したファサードを飾る。

今秋には、「Gucci Apartment」と名付けられた日本初のスペシャルな空間が3階に誕生する。完全予約制でカスタマーを迎え、オーダーメイドを承るサロンとして、グッチデコールコレクションの家具や室内装飾品をゆっくりと体感できるショールームとして、グッチが誇るイタリアのクラフツマンシップを堪能できるサービスを展開する。

そして年内に、同ビル4階にレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」がオープンする予定だ。ミシュランの3つ星に輝くシェフ、マッシモ・ボットゥーラの名前を冠したこのレストランは、イタリアのフィレンツェ、米国のロサンゼルスに続く世界で3店目となり、マッシモ・ボットゥーラとフィレンツェにあるグッチ オステリアのヘッドシェフ カリメ・ロペスが共同監修を務める。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事