ピーターセン自動車博物館が満を持して再びオープン!

Petersen Automotive Museum

ピーターセン自動車博物館はコロナウイルスの影響でしばらく閉館していたが、2021年3月25日から一般公開され、展示車両や展示企画が新しくなった。水曜日から日曜日の午前10時から午後17時まで開館している。

また、安全とソーシャルディスタンスのガイドラインを厳守し、検査済みの医療従事者やファーストレスポンダー(コロナパンデミックに際し社会に貢献した人)とその家族最大3名までを2021年の残りの期間は無料で入場可能にすることを発表した。スタッフと来場者はフェイスカバーを装着する必要があり、少なくとも6フィートのソーシャルディスタンスを取る必要がある。各フロアに消毒液を設置し、定期的な掃除の頻度も増やされる。ただし、Forzaレーシングシュミレーターやディスカバリーセンターなどのインタラクティブな展示は引き続き閉鎖される予定だ。

ピーターセン自動車博物館のエグゼクティブディレクターであるテリー・L・カルゲスは、次のように述べている。「私たちは、医療従事者とファーストレスポンダーが私たちのコミュニティのために行ったすべてのことに対しては感謝してもしきれません。この小さな感謝の印によって、私たちが彼らとその家族にどれほど感謝しているかを伝えられたら幸いです」

閉鎖期間中、ピーターセン博物館は「スーパーカー:スペクタクルとスピードの世紀」を含む3つの展示を開始した。



「エクストリームコンディション」では11台のカスタム競技車、レクリエーションカー、実用的なオフロードカーに焦点を当てている。また「リディファインニング パフォーマンス」ではポルシェの最も革新的なロードカーとレースカーにフィーチャーしている。





ピーターセン博物館では他にも、フォールクスワーゲンが発表した「ハリウッドドリームマシーン:サイエンスフィクションとファンタジーの乗り物」や「再生された錆び:ジェームズヘットフィールドコレクション」、「エレクトリックの未来の構築」などの展示が人気を博している。

チケットは事前に購入する必要があり、オンラインチケットは2021年3月16日から発売される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事